ディズニー、NTT東西がディズニー初の本格BBコンテンツをスタート。3〜6歳を対象に | RBB TODAY

ディズニー、NTT東西がディズニー初の本格BBコンテンツをスタート。3〜6歳を対象に

エンタメ その他

ディズニー、NTT東西がディズニー初の本格BBコンテンツをスタート。3〜6歳を対象に
  • ディズニー、NTT東西がディズニー初の本格BBコンテンツをスタート。3〜6歳を対象に
  • ディズニー、NTT東西がディズニー初の本格BBコンテンツをスタート。3〜6歳を対象に
  • ディズニー、NTT東西がディズニー初の本格BBコンテンツをスタート。3〜6歳を対象に
  • ディズニー、NTT東西がディズニー初の本格BBコンテンツをスタート。3〜6歳を対象に
星野康二氏
「白黒ミッキーの誕生から80年近くになるコンテンツ提供の中で、今回の提携は大変重要な位置づけとなる」と語るウォルト・ディズニー・ジャパン 社長 星野康二氏
 ウォルト・ディズニー・ジャパン、ディーワンダーランド、NTT東日本、NTT西日本の4社は、ブロードバンドサービス分野で提携し、新ブランド「DisneyBB on フレッツ」を立ち上げ、ディズニー初の本格的ブロードバンド向けコンテンツ「ディズニーワンダーランド」の提供を開始する。

 配信にはNTT東西のフレッツ・ネットワークを利用し、コンテンツの制作・提供はインタラクティブコンテンツ分野において実績のあるディーワンダーランドが担当する。

提携4社
握手を交わすNTT西 高野博明氏、ウォルト・ディズニー・ジャパン 社長 星野康二氏、ディーワンダーランド 社長兼CEO 青木千栄子氏、NTT東 古賀哲夫氏(向かって左から)

 「ディズニーワンダーランド」は3歳から6歳の幼児を対象としたインタラクティブな要素を盛り込んだエディテイメントコンテンツで、ユーザは大好きなディズニーキャラクターたちとの出会いを通じ、絵本、英語、数遊び、音楽、ミニゲームなどを「遊び」「学ぶ」というもの。いわば、バーチャルなディズニーリゾートといったところで、既存のコンテンツはいっさい利用せず、ブロードバンド向けに専用コンテンツを一から開発しての提供となる。

 サービス対象はNTT東西のフレッツ・ADSLまたはBフレッツユーザで、サービス開始は7月から。利用料は入会時に9,800円、月額利用料は1,000円で、入会金にはコントローラーなどのスターターキット、メンバーシップフィー、1か月分の利用料などが含まれる。

 なお、5月1日より6月20日までの期間、3,000名を対象に無料のプレサービスが予定されている。プレサービスへの応募期間は3月29日より4月10日までで、ディズニーおよびNTT東西のサイトにて受付られ、応募多数の場合は抽選となる。

ネイチャーワンダー
ユーザが最初に体験する世界「ネイチャーワンダー」では、自然の中でピノキオやアリスなどさまざまなキャラクターとの出会いを通じて優しさや知識を身に付けられる
 

コントローラ
スターターキットに同梱されるコントローラも、ディズニーの世界を楽しめるこだわりのデザインとなっている
 
 NTT東西では、同サービスをフレッツユーザに提供することにより、低年齢の子供をもつ家庭を取り込み、ユーザの裾野を広げたい考えだ。

 一方、ディーワンダーランドによると、同サービスにおいてスタートから1年間で10万人の会員確保を目標としており、10万人超に達した時点での黒字転換を見込んでいる。さらに、日本でのサービスを皮切りに、いずれは韓国をはじめとするアジアへ、さらにはヨーロッパ、アメリカへの展開も計画しているという。

 「DisneyBB」ではこのほかにも、ディズニーのキャラクター達とも遊べ多人数参加型オンラインゲームやエディテイメントなど、さまざまなコンテンツを提供する計画という。
《RBB TODAY》

特集

page top