シマンテック、1月のウィルスと不正アクセスのランキングを発表 −IRCを狙ったワームが急増 | RBB TODAY

シマンテック、1月のウィルスと不正アクセスのランキングを発表 −IRCを狙ったワームが急増

エンタープライズ その他

 シマンテックは、2003年1月におけるウィルス被害と不正アクセスのランキングを発表した。不正アクセスランキングでは、韓国で障害を引き起こしたワーム「W32.SQLExp.Worm」によるSQL Serverへの攻撃が1位となっている。

 これによると、世界におけるウィルス被害ランキングでは、依然としてW32.Klezが1位となっているものの、1月に発見されたW32.LirvaとW32.Sobigによる被害が急増している。

 注目すべきは、国内においてIRCクライアントを狙ったワーム「IRC Trojan」が急増していることだ。これまで、IMなどのチャットツールを標的にしたワームによる被害が危惧されていたが、IRC Trojanの急増により現実のものとなった。1月の国内ランキングは以下のとおり。

ウィルスランキング(国内)
順位ウィルス
1W32.Klez
2HTML.Redlof.A
3W95.Hybris
4IRC Trojan
5W32.Bugbear@mm
6Trojan Horse
7W95.Spaces.1445
8VBS.LoveLetter
9W32.Yaha
10W32.FunLove


 また、、同社は今回発表された2003年1月分から、従来からの「ウイルス被害ランキング」のほかに「不正アクセスランキング」を加え「インターネット・セキュリティレポート」として発表している。今回、追加された不正アクセスランキングは、同社が世界1万9,000か所に設置した不正アクセスセンサーの情報をもとに作成されたもの。こちらのトップは圧倒的にW32.SQLExp.Worm(別名 SQLP1434、SQL Slammerなど)で約228万回。2位(IIS 5.0 Source Disclosure Attack)の約58万と比べて非常に検出数が多い。

 今回のW32.SQLExp.Wormについては、日本での実際の感染数は少ないまま収束したが、セキュリティアップデートの適用などの対策は、継続的に行うことが重要と言えるだろう。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top