東京ケーブル、2月より@NetHomeコンテンツとウイルスチェックサービスを提供 | RBB TODAY

東京ケーブル、2月より@NetHomeコンテンツとウイルスチェックサービスを提供

エンタメ その他

 東京ケーブルネットワーク(東京都)はアットネットホームとパートナー提携を締結、CATVインターネット接続サービスにおいて@NetHomeコンテンツの配信とウイルスチェックサービスの無料提供を開始する。

 コンテンツ配信は2月3日より、ウイルスチェックサービスは2月中に開始される予定。

 東京ケーブルネットワークは、東京都文京区、荒川区、千代田区の173,000世帯をホームパスに持つCATV局で、インターネットサービスには約8,300世帯が加入している。現在、「Home-LAN」(下り4Mbps/月額4,300円)、「Home-LANプラス」(下り8Mbps/月額7,800円)、「SOHO」(下り4Mbps/月額24,800円)の3種類のサービスメニューを提供している。

 今回の提携により、アットネットホームの契約局数はフルサービス局31局、コンテンツ&バックボーン提供局76局の、合計107局となる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top