NTTコム、NTTデータとドコモが持つドリームネット株を取得 | RBB TODAY

NTTコム、NTTデータとドコモが持つドリームネット株を取得

ブロードバンド その他

 NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は、NTTデータ(60%)とNTTドコモ(40%)がそれぞれ持つドリームネットの株式を2003年1月23日付で全て取得すると発表した。これは、NTTグループが3か年計画として発表したISP事業統合の一環として実施されるもの。

 今回の株式移管は、DreamNet(会員約30万人)とOCN(342万人)のコンテンツやサービスを融合することにより、ISP事業における競争力を強化することが目的だとしている。背景には、ADSLサービスを初めとしたブロードバンドの普及と共に、競争が激化していること挙げており、経営基盤の強化も目的の1つとしている。

 なお、今回の株式取得によるOCNやDreamNetのサービスの変更などはない。両社では当面の間、ブランドの統合を予定はしていないが、将来的には検討する価値があるものだとしている。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top