久石譲監督映画「4 MOVEMENT」を5.1chサラウンドで配信 | RBB TODAY

久石譲監督映画「4 MOVEMENT」を5.1chサラウンドで配信

エンタメ その他

 ワンダーシティとポニーキャニオンは、共同で久石譲監督映画「4 MOVEMENT」を5.1chサラウンドを用いて2003年1月上旬より配信すると発表した。形式は、ダウンロードとストリーミングがあり、共に24時間で800円となる。

 今回配信される「4 MOVEMENT」は、主人公の少女ミオが5歳から20歳まで成長する過程を4つの楽章で描いた映画。総合プロデュース/演出/音楽を久石譲氏が担当している。上映時間は約30分となる。

 配信には、Windows Media Video9形式が採用される。これにより、高圧縮、5.1chサラウンド、高画質が実現できたという。なお、再生には、「Windows Media Player9」が必要となるが今のところ英語の評価版が出ているのみで、来年の初頭には日本語の正式版がリリースされるとしている。帯域は、3Mbps(DVD並の画質)、1.2Mbps、500kbpsが用意されており、500kbpsについてはステレオ音声となる。

 また、ストリーミングとは別に、回線速度が不安定なユーザのために動画ファイルをダウンロードする方法も用意されている。それぞれ、著作権管理により再生してから24時間の期限付きとなっている。配信するサイトは、フレッツサービス向けの「BROBA」、TTNetの「Powerbroad」、NTTコミュニケーションズ「OneDayVison」の3か所だ。

 同社では、今後、大画面テレビで映画を視聴するような機会が増えていくと思われ、このような環境の変化に対応する第1歩として今回の配信を始めたとしている。また、Windows Media 9を生かしたサービスとしてマルチバイリンガルの配信も検討しているとのことだ。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top