シマンテック、破壊的コードを含むワーム「Galil」について警告 | RBB TODAY

シマンテック、破壊的コードを含むワーム「Galil」について警告

エンタープライズ その他

 シマンテックは、発病するとD〜Gドライブのファイルを全て削除しようとする大量メール送信型ウイルス「W32.Galil@mm」について警告している。

 電子メールで送られてくるもので、メールのタイトルは「Fwd: Crazy illegal sex !」。本文もポルノ映像のクリップのように見せかけており、添付ファイル名は「iLLeGal.exe」(アイコンはFlashムービー)。

 発病すると、自分自身を起動時に自動実行するようレジストリに登録するほか、コンピュータ内で検出したメールアドレスに対して自分自身を送信する。また、D、E、F、Gドライブのファイルを削除しようとするため、D〜Gドライブに書き換え可能なメディアやネットワークドライブを割り当てている場合に大きな被害が出るおそれがある。

 メールで届いたあやしげなファイルは開かない、添付ファイルの拡張子は常に表示する、ウイルスチェックは常に有効にするといった基本をあらためて確認してほしい。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top