マイクロ総研、ワイヤレスブロードバンドルータNetGenesis SuperOPTAirを発売 | RBB TODAY

マイクロ総研、ワイヤレスブロードバンドルータNetGenesis SuperOPTAirを発売

IT・デジタル その他

マイクロ総研、ワイヤレスブロードバンドルータNetGenesis SuperOPTAirを発売
  • マイクロ総研、ワイヤレスブロードバンドルータNetGenesis SuperOPTAirを発売
 マイクロ総合研究所は、ワイヤレスブロードバンドルータ「NetGenesis SuperOPTAir」を10月下旬から発売する。

マイクロ総研:NetGenesis SuperOPTAir


 SuperOPTAirは、定評のあるSuperOPT90のアーキテクチャを継承。同社の計測によると、100MbpsのFTTHサービス(PPPoE接続)で実測72Mbps、FTPの実測スループットは90Mbpsであったという。SuperOPT90同様、CPUに日立のSH-4 240MHzを搭載しているが、キャッシュ容量の倍増と2ウェイセットアソシティブ(*)により処理能力を向上、回線速度を有効に活用できるという。無線LANはIEEE802.11b対応のPCカードスロットに同梱の無線LANカードを装着することで対応。(*:効率的にキャッシュヒット率を高めることのできるキャッシュと実メモリの対応付けの方式)

 WAN側、LAN側ともに10BASE-T/100BASE-TXのEthernetポートを装備し、LAN側は極性自動判別のスイッチングHUB 4ポート仕様。DHCPクライアントやPPPoE対応のほか、unnumbered機能やNAT+IPマスカレード変換機能を備えている。セキュリティ面では、IPマスカレード変換による不正アクセス防御のほか、最大64か所まで登録可能なIPフィルタリング機能、SYSLOG機能などを備える。その他、VPN系ではPPTPのパススルーに対応している。

 価格はオープンプライスで、同社では3万2,000円程度を見込んでいる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top