熊谷ケーブル、11月でT-comの子会社にCATVインターネット事業を譲渡 | RBB TODAY

熊谷ケーブル、11月でT-comの子会社にCATVインターネット事業を譲渡

ブロードバンド その他

 熊谷ケーブルテレビ(テレビ熊谷)は、11月1日付けでケイ・シー・シーに第一種電気通信事業を譲渡するとして、総務省の認可が下りた。ケイ・シー・シーは、トーカイ・ブロードバンド・コミュニケーションズ(T-com)の100%小会社。T-comは、神奈川県・埼玉県・千葉県・東京都三多摩地区の212局を対象にADSLサービスを展開している。

 譲渡後は、熊谷ケーブルテレビは解散し、ケイ・シー・シーが商号を「熊谷ケーブルテレビ」に変更してサービス提供を継続することになる。この譲渡により、実質的にT-comは埼玉県熊谷市・深谷市にまでサービスエリアを拡大したといえるだろう。

 熊谷ケーブルテレビは、最大速度下り2Mbps、上り512kbps、月額利用料5,500円で、CATVインターネット接続サービス「てれくまねっと」を提供している。譲渡後に、このサービス内容がどのように変更されるかについてはまだ不明である。
《RBB TODAY》

特集

page top