NTT-ME、WAKWAKサービス縮小・撤退報道を否定 | RBB TODAY

NTT-ME、WAKWAKサービス縮小・撤退報道を否定

ブロードバンド その他

 NTT-MEは、新聞などが10日に報道したNTTグループのISP事業再編構想について、個人向けサービス(WAKWAK)は従来どおり提供を続けるとのコメントを発表した。

 報道された内容は、「NTT-MEが法人向け、ぷららネットワークスが個人向けという再編を行い、グループ内での重複をなくして効率化を図る」というもので、9日におこなわれたNTT東日本・三浦社長の会見内容に基づくもの。

 NTTグループでは現在、個人向けおよび法人向けインターネット接続サービスを、グループ企業各社がそれぞれ重複する形で提供している。今回の報道で取り上げられたNTT-ME、ぷららネットワークスのほかにも、NTTコミュニケーションズ(OCN)、NTT PCコミュニケーションズ(InfoSphere)、NTT-BB(BROBA)、ワイヤレスインターネット(FWAサービスを提供)、NTTネオメイト(マンションインターネットを提供)などがあり、重複部分の再編がこれまでもたびたび話題になっていた。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top