ConoHa WINGの評判は?メリット・デメリットを利用者が解説

ConoHa WINGはGMOが提供するレンタルサーバーです。有名ブロガーが利用するなど、人気のレンタルサーバーでもあります。

表示速度の速さに優れている一方で、料金プランが複雑な特徴も。人気度や評判だけでなく、スペックや料金を総合的に比較するのが大切です。

この記事では、ConoHa WINGの特徴を徹底的に解説します。記事を読めば、ConoHa WINGを導入するかどうか判断できるはずです。

\アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバーNo.1/
2022年最新!おすすめレンタルサーバー
wpxshin top - ConoHa WINGの評判は?メリット・デメリットを利用者が解説
2021年5月31日にリリースされた、エックスサーバーのシステムをベースにしたシン・レンタルサーバー!

月額料金がスタンダードプランで1,540円〜(税込)なので、コスパよく爆速なサイト運営が可能に!

管理画面はエックスサーバーと同じで使いやすくなっているので、これからサイト運営をする方にはおすすめです!

\ Twitterでも口コミ良好! /

CONTENTS

ConoHa WINGとは?特徴は表示の処理速度

6f8dd8c5d53a9a99232d58db2bd6281f - ConoHa WINGの評判は?メリット・デメリットを利用者が解説

画像出典:ConoHa WING公式サイト

ConoHa WING国内最速のレンタルサーバーで、圧倒的なサイトスピードを体感できます。処理速度が早い理由は以下のとおりです。

  • WordPress高速化エンジン「WEXAL」
  • PHP実行環境「LiteSpeed LSAPI」
  • 独自のキャッシュ機能

LiteSpeed LASPIは強力なPHP実行環境で、PHPで構成されているWordPressと相性がよいです。強力なキャッシュ機能もついていることから、Webサイトを高速で表示できます。

ConoHa WINGの良い評判や口コミ

ConoHa WINGの良い評判や口コミは以下の通りです。

  • WEXALで高速化可能
  • ファイルマネージャー機能でアップロードが簡単
  • ドメインの取得・更新が無料

1つ1つ確認していきましょう。

WEXALで高速化可能

こちらの口コミでは、ConoHa WINGの「WEXAL」について高く評価していることが分かります。ConoHa WINGは、2022年4月からWEXALのサービスを開始しました。WEXALは、Webサイトの高速化エンジンであり、ConoHa WING公式サイトには次のように説明されています。

WEXALはプライム・ストラテジー株式会社が提供するWeb サイトの高速化エンジンです。
戦略AI 「David」がブラウザの環境に合わせてページごとに最適化することでページの
表示を高速化するほか、画像やJavaScript、CSSを圧縮、軽量化することで表示の高速化だけではなく転送量も削減します。

ConoHa WINGなら無料で利用可能です。設定も管理画面からワンクリックで済むので難しい知識は必要ありません。

ファイルマネージャー機能でアップロードが簡単

こちらの口コミでは、ConoHa WING独自のファイル管理機能である「ファイルマネージャー」について言及しています。FileZillaというソフトよりもファイルマネージャーの方が簡単にファイル管理をできることに驚いているようです。

サーバー上のファイル管理は専用のソフトを使って行うのが一般的です。しかし、ConoHa WINGのファイルマネージャー機能を使えば、管理画面から操作が可能になります。

プログラミングに詳しくない初心者は、ファイルマネージャーを使うと簡単にファイル操作が行えます。

ドメインの取得・更新が無料

「.com」ドメイン名を無料で取得、しかも更新まで無料でConoHaWINGに決めて良かったと思っています。

WordPressの利用も簡単にセットアップできるサービスが提供されていて、初心者の私にもセットアップが簡単にできてしまったのです。

こちらは、WINGパックで契約した場合、独自ドメインが無料で取得・更新できる点に魅力を感じている口コミです。また、WordPressの利用が簡単にできることについても触れています。

通常、独自ドメインを取得・更新するには、別のドメイン会社で契約しなければなりません。また、ドメインをサーバーと紐付けする作業も必要になります。

ConoHa WINGのWINGパックで契約すれば、面倒な設定が不要で維持費もかかりません。

\アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバーNo.1/

ConoHa WINGの悪い評判や口コミ

ConoHa WINGの悪い評判や口コミは以下の通りです。

  • WAFが強力すぎる
  • SSL関係でエラーが起きる
  • 無料体験期間がない

それぞれ見ていきましょう。

セキュリティが強力すぎる

ConoHa WINGのセキュリティはかなり強力に設定してあるようです。こちらの口コミからは、WAF(Webアプリケーションファイアウォール)が原因で操作が大変であることが分かります。

インターネット上では、ConoHa WINGのデメリットに関してWAFを上げている口コミが目立ちました。何かの操作でうまくいかない場合は、WAFが原因であることが多いようです。

管理画面の設定でWAFをOFFにすることで対処できるようですが、手間がかかります。特に、初心者は原因を特定するのに時間がかかるようです。

SSL関係でエラーが起きる

ConoHa WINGでは、SSL(http通信の暗号化)に関して不具合が発生することがあるようです。こちらの口コミでは、SSL証明書が正しくブラウザに読み込まれず安全なWebサイトとして認識されていないことが分かります。

他に、SSLの更新タイミングでSSL化が無効になることもあるようです。Webサイトのセキュリティに関しては初心者が対処するのが難しいので、公式サポートを利用した方がよいでしょう。

無料体験期間がない

ただし、無料体験期間が無いので利用からすぐに料金が発生するので、そこだけは、改善して欲しい所ではあります。

処理速度に満足しているユーザーが多い一方で、無料体験期間がないことに不満をもっているユーザーが多いようです。やはり、費用をかけずに試してから利用を判断したいユーザーにはデメリットと言えるでしょう。

無料体験期間がないこと以外は、初心者にも扱いやすく性能も高いため大きなデメリットはありません。レンタルサーバー を初めて使う方は、ConoHa WINGを選択肢に入れるべきでしょう。

ConoHa WINGを実際に使ってみた感想

ConoHa WINGの表示速度が他社に比べて圧倒的に早いとは言いづらいです。しかし、WordPressでのサイト運営には非常に相性が良いと言えます。

ConoHa WINGは初期費用が無料であるため気軽に使い始められることに加え、1ヶ月からの契約が可能です。サイト運営を辞めたいときに無駄なコストを支払わずに済みます。エックスサーバーは最低3ヶ月からの契約になります。

その他、管理画面からWordPressを簡単インストールでき、SSL化(https化)も無料です。初心者はもちろん、私のような経験者でも効率よく設定が行えます。

ConoHa WINGは、初心者でもWordPressでのWebサイト運営がやりやすいレンタルサーバーです。

\アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバーNo.1/

ConoHa WINGを利用するメリット

ConoHa WINGを利用するメリットは以下4つあります。

  • 最低利用期間がない
  • 時間単位なので経済的
  • 表示速度が速く処理能力に優れている
  • WordPressへの移行も簡単

それぞれ確認していきましょう。

最低利用期間がない

ConoHa WINGには最低利用期間がありません。定額制と時間課金によって、無駄なコストがかからない仕組みです。

例えば、携帯を契約する場合は1年の最低利用期間が設定され、1年未満に契約解除すると違約金がかかることがあります。そのため、1度契約すると最低1年間使い続けなければ、無駄な費用がかかることになります。

ConoHa WINGは、契約を開始する時も終了する時も一切の無駄な費用がかかりません。最小限の費用でWebサイトを運用できます。ただし、以上の話は「通常料金」のプランを選んだ場合に限り、「WING」プランでは対象外なので注意してください。

時間単位なので経済的

ConoHa WINGは料金が時間単位で加算されるため、とても経済的です。時間単位とは、ConoHa WINGの利用時間に応じて料金を支払うという意味です。

ただし、1ヶ月に満たない利用の場合にのみ適用されます。1ヶ月利用した場合は月額1,320円かかります。よって、時間単位が適用されるのは、月の途中に利用を開始または利用を辞める場合のみです。

最低利用期間と同様に、「通常料金」のプランを選択した場合のみ適用されます。

表示速度が速く処理能力に優れている

ConoHa WINGは表示速度が速く処理能力に優れているメリットがあります。ConoHa WINGの公式サイトでは、「国内最速」と打ち出しています。公式サイトによると、「国内最速」は以下の調査に基づいて裏付けされているようです。

サーバー処理速度の計測結果は、日本国内シェアを90%以上占めたトップ10サービスの、各サービスの最下位プランをh2loadとApache Benchで5回計測した平均値です。

大手他社レンタルサーバーの処理速度を実際に測定していることから、信憑性は高いと言えるでしょう。実際に、高速のPHP実行環境である「Lite Speed」や独自のキャッシュ機能を備えています。処理速度はレンタルサーバーの中でも上位に入ることは間違いないでしょう。

WordPressへの移行も簡単

最後のメリットは、WordPressへの移行が簡単であることです。「WordPressかんたん移行」機能を使えば、簡単にWordPressサイトの移行ができます。

WordPressかんたん移行機能は、無料・無制限で利用可能であり、移行元サイトでの特別な設定は一切不要です。また、「テスト移行」機能があるので、テスト環境で動作確認をしてから安全に本番環境へ移行できます。初心者でも安全にサイト移行が可能です。

\アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバーNo.1/

ConoHa WINGを利用するデメリット

ConoHa WINGを利用するデメリットは以下3つあります。

  • 無料のお試し期間がない
  • 出会い系サイトやアダルトサイト運用はできない
  • WordPressを使わない方にはメリット半減

1つずつ説明します。

無料のお試し期間がない

1つ目は、無料のお試し期間がないことです。エックスサーバーやロリポップ!など有名なレンタルサーバーには無料お試し期間が付いています。そのため、ConoHa WING特有のデメリットと言えるでしょう。

無料お試し期間がないため、自分に合わなかった場合どうしても無駄な料金がかかります。無料の範囲内で性能や使い勝手を試したい人は、別のレンタルサーバーを選んだ方がよいかもしれません。それでもConoHa WINGを使ってみたい方は、口コミやネット上の記事をよく見てから契約しましょう。

出会い系サイトやアダルトサイト運用はできない

2つ目は、出会い系サイトやアダルトサイト運用ができないことです。Webサイトを開設したい人の中には、アダルトコンテンツを扱うサイトを運用したい人もいるでしょう。しかし、ConoHa WINGはアダルトコンテンツを扱うサイト運用はできません。

アダルトコンテンツを扱っていた場合は運営側よりサービスの制限がかけられます。アダルトコンテンツを扱いたい場合は、他社のレンタルサーバーを選びましょう。国内だと、mixhostやカラフルボックス、シン・レンタルサーバーなどがアダルトコンテンツの扱いを許可しています。

WordPressを使わない方にはメリット半減

最後は、WordPressを使わない方にはメリットが半減するということです。Movable TypeやEC-CUBEなどのCMSを使う場合や、CMSを使わずにWebサイトを作成する人が該当します。ConoHa WINGはWordPressを使うためにプラグイン や簡単インストール、簡単移行などの機能が揃っています。そのため、WordPressを使う方には最大限の効果を発揮しますが、使わなければメリットがあまりありません。

もちろん、他のCMS利用やCMSを使わないWebサイトの作成は可能です。しかし、それならばエックスサーバーやシン・レンタルサーバーなど、より高機能のサーバーが他にあります。WordPressを使わない方は、他社のレンタルサーバーを検討してもよいでしょう。

ConoHa WINGとエックスサーバーの4つ違いを比較

d112c860cb7a370d8c660f053459266a - ConoHa WINGの評判は?メリット・デメリットを利用者が解説

画像出典:エックスサーバー公式サイト

ここでは、ConoHa WINGとエックスサーバーの違いを4つ比較していきます。

ConoHa WINGとエックスサーバーで悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

比較項目 ConoHa WING エックスサーバー
初期費用 無料 無料
最低利用期間 なし 3ヶ月
無料お試し期間 なし 10日
サイト引越しのやりやすさ

※初期費用は税込の価格です

※ConoHa WINGの最低利用期間は通常料金のみ「なし」となります

初期費用

ConoHa WING、エックスサーバーいずれも初期費用が無料です。月額料金も数千円と、大きなコストはかからないのが魅力です。

コスト面ではConoHa WINGとエックスサーバー大差はないと言えます。

最低利用期間

エックスサーバーの最低利用期間は3ヶ月です。一方で、ConoHa WINGには最低利用期間がありません。そのため、好きな時に利用を辞められます。

エックスサーバーは3ヶ月・6ヶ月・12ヶ月・24ヶ月・36ヶ月からの契約が可能です。各契約期間の料金は契約前に一括払いとなり、契約期間中の解約であっても返金はありません。

ただし、2回目以降の更新時に限り、1ヶ月での自動更新が可能となります。長期的に利用する予定がある方は、エックスサーバーでも費用を極力抑えられるでしょう。

エックスサーバーの評判では「最低プランのでもデータベースを無制限で作成できる」「不正アクセス対策が万全」などの意見が多く見られました。

無料お試し期間

ConoHa WINGには無料お試し期間がありません。他社レンタルサーバーには無料お試し期間があるので、大きなデメリットと言えます。

エックスサーバーには、申込日から10日間の無料お試し期間があります。お試し期間中に、管理画面の使いやすさや処理速度の速さを実感できるので、ConoHa WINGよりも良心的です。

無料お試し期間後も利用を続けたい場合は、料金を支払えばOKです。支払いが確認でき次第本契約へと移行するので、知らない間に契約されてしまうという心配もありません。

サイト引っ越しのやりやすさ

ConoHa WINGには、「WordPressかんたん移行」機能が付いています。他社レンタルサーバーで稼働中のWordPressサイトを管理画面の操作だけで簡単に移行できます。

エックスサーバーにも「WordPress簡単移行」というConoHa WINGと同様の機能があります。しかし、申し込みやドメイン設定などの手続きが必要で、ConoHa WINGと比べると少し面倒です。

ConoHa WINGでは、安全に移行ができるように、テスト環境でテストしてから本番環境に移行できます。どちらも同じWordPressを移行する機能ですが、作業を簡素化したいならConoHa WINGがおすすめです。

\アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバーNo.1/

ConoHa WINGがおすすめな人の特徴

ConoHa WINGがおすすめな人の特徴は以下の通りです。

  • 費用を抑えたい
  • WordPressでブログを運営したい
  • 高速のレンタルサーバーを使いたい

それぞれ見ていきましょう。

費用を抑えたい

ConoHa WINGのプランは「WINGパック」と「通常料金」の2つに大別されます。そのうち、「通常料金」の場合は定額制と時間課金で料金が決定されるので、無駄な費用を支払う必要がありません。

通常料金の場合は月額1,320円かかりますが、使用期間が1ヶ月に見たない場合は、時間単位で料金が加算されます。つまり、月の途中から利用を開始した場合、あるいは月の途中で利用を辞めた場合のその月の料金は時間課金となるということです。

さらに、通常料金の場合は最低利用期間がないため、いつ利用を辞めても無駄な費用がかかりません。極力、費用を抑えたい方には通常料金でConoHa WINGを利用してみたはいかがでしょうか。

WordPressでブログを運営したい

WordPressでブログを運営したい人にもおすすめです。ConoHa WINGはWordPressサイトに特化した機能が複数あり、ほとんどが無料で利用できます。主な機能は以下の通りです。

  • WordPressかんたんセットアップ
  • WordPressかんたん移行
  • WordPressサイトコピー
  • 独自のWordPressプラグイン

特に、他社レンタルサーバーからサイト移行をする際は、WordPressかんたん移行で簡単に移行できます。通常の移行作業に必要な複雑な設定が不要なので、移行が初めてでも安心です。

高速のレンタルサーバーを使いたい

ConoHa WINGはPHP実行環境に「Lite Speed」を採用し、WordPressの高速処理を実現しています。さらに2022年4月よりサービスが開始した高速エンジンである「WEXAL」を管理画面から起動できます。

とにかく速いレンタルサーバーを使いたいという方は、ConoHa WINGを選べば間違いないでしょう。高速化に重きを置いている分、他の機能はシンプルな構成となっていますが、基本的な機能は揃っています。

\アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバーNo.1/

ConoHa WINGのキャンペーン内容

2022年12月13日(火)までの期間限定で、WINGパックの月額料金が最大50%割引されるキャンペーンが実施されています。

WINGパックとは、レンタルサーバーとドメイン2つがセットで契約できるお得なプランです。

12ヶ月プランにおける割引が適用されたWINGパックの料金プランは以下のとおりです。

プラン 初期費用 月額料金
(12/13火曜日まで)
SSD 転送量
ベーシック 無料 911円 300GB 無制限
スタンダード 無料 2,145円 400GB 無制限
プレミアム 無料 4,290円 500GB 無制限

※月額料金は税込の価格です

ベーシックプランは通常、月額料金として1,320円(税込)かかります。割引適用後は1,000円以下なので、初めてレンタルサーバーを契約する人にも手が出しやすいでしょう。注意点としては、12ヶ月、24ヶ月、36ヶ月のいずれかの期間で契約した場合に限ることです。

本キャンペーンは期間限定ですが、ConoHa WINGは頻繁にキャンペーンを行なっています。ConoHa WING公式サイトを定期的にチェックしておきましょう。

\アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバーNo.1/

ConoHa WINGの申し込み方法・始め方を初心者に解説

ConoHa WINGの申し込み方法から始め方までを初心者に向けて解説します。以下、3ステップを踏むとConoHa WINGが始められます。

  1. ログイン・情報入力
  2. お支払い方法を入力
  3. サービスお申し込み後はすぐに利用が可能

順番に確認していきましょう。

①ログイン・情報入力

064515dda8f39658638f070ca3a8a913 1 - ConoHa WINGの評判は?メリット・デメリットを利用者が解説

画像出典:ConoHa WING公式サイト

まずはConoHa WING公式サイトに移動して、「お申し込み」か「今すぐお申し込み」をクリックしてください。次の画面でConoHaアカウントを持っている人はログイン、持っていない方はアカウントを作成して「次へ」をクリックします。

「WINGパック」か「通常料金」どちらかを選択し、希望のプランを決めます。その後、初期ドメイン名とサーバー名を入力してください。

WordPress簡単セットアップをする場合は、同じ画面で以下内容を入力してください。

  • サイト名
  • 使用するドメイン
  • WordPressユーザー名
  • WordPressパスワード
  • 使用テーマ

次に氏名・性別・生年月日などの基本情報を入力します。さらに、認証方法を「SMS認証」あるいは「電話認証」どちらかを選びます。指示に従って、認証を行ってください。

②お支払い方法を入力

最後に、お支払い方法を入力します。「クレジットカード」、「ConoHaカード」または「ConoHaチャージ」のどちらかを選択します。ConoHaカードは、ConoHaのサービスで利用できるクーポンを登録するプリペイドカードです。ConoHaチャージとは、事前に入金した金額分のサービスを利用できる前払いタイプの支払い方法です。チャージは以下の方法があります。

  • クレジットカード
  • Amazon Pay
  • コンビニ支払い
  • 銀行決済(ペイジー)
  • Paypal
  • Alipay

クレジットカード払いとConoHaカード以外はConoHaチャージで支払うことになります。

③サービスお申し込み後はすぐに利用が可能

以下の支払い方法を選択した場合は、申し込み後すぐにサービスが利用できます。

  • クレジットカード
  • ConoHaカード
  • ConoHaチャージ(クレジットカード、Amazon Pay)

その他のConoHaチャージ支払いを選択した場合は、1営業日以内に入金の確認が完了後、利用可能です。

初期費用無料、最低利用期間なし(WINGパックは除く)なので、だれでも気軽に利用を始められます。

ConoHa WINGの評判に関してよくある質問

最後に、ConoHa WINGの評判に関してよくある質問に回答します。

  • 過去のキャンペーン内容や頻度は?
  • エックスサーバーの料金と比べどちらが安い?
  • ロリポップの料金と比べてどちらが安い?
  • 契約は自動で更新される?
  • ConoHaを使えば無料でマイクラができる?

ConoHa WINGを始める前に疑問点を解決しておきましょう。

過去のキャンペーン内容や頻度は?

過去3ヶ月のキャンペーン内容は以下の通りです。

主な内容 期間
Webサイト制作応援キャンペーン 通常料金から最大50%OFF 2022年4月11日

2022年5月16日
WordPressテーマキャンペーン WordPressテーマが割引価格で購入可能 2022年3月22日

2022年4月18日
春のスタートダッシュキャンペーン 通常料金から最大43%OFF 2022年2月28日

2022年4月11日
更新クーポンプレゼントキャンペーン 3%お得にWINGパックを更新可能 2022年2月18日

2022年3月21日

ConoHa WINGは少なくとも1ヶ月に1回キャンペーンを開催しています。お得な割引が受けられるので、キャンペーン中の申し込みがおすすめです。

エックスサーバーの料金と比べどちらが安い?

エックスサーバーは初期費用無料、最下位プランで3ヶ月契約の場合、月額1,320円(税込)かかります。ConoHa WINGは通常料金の最下位プランだと1時間2.2円で月額1,320円(税込)かかります。

エックスサーバー初期費用がかかり、最低利用期間が3ヶ月からで料金も最初に一括の支払いです。対して、ConoHa WINGは初期費用無料、最低利用期間なし、毎月支払いです。ConoHa WINGの通常料金の場合は、エックスサーバーよりも無駄な費用がかかりません。

通常料金とエックスサーバーの料金を比較するならば、ConoHa WINGの方が無駄な費用がかからないのでおすすめです。

ロリポップの料金と比べてどちらが安い?

ロリポップ!のスタンダードプランとConoHa WINGの通常料金を比較すると、ロリポップの方が安いと言えます。ロリポップのスタンダードプランは、月額440円(税込)〜で初期費用が1,650円(税込)かかります。ConoHa WINGの月額費用が1,320円なので、ロリポップは圧倒的に安いです。

ただし、月額440円は36ヶ月契約をした場合の金額です。1ヶ月契約だと月額880円(税込)かかります。

安さだけを求めるならば、ロリポップを選んだ方がよいでしょう。ロリポップの評判でも「コスパ良くWordPressを運用できる」などの体験談が多く見られました。

契約は自動で更新される?

WINGパックの契約は、自動更新と手動更新の切り替えが管理画面からできます。契約後に、自動更新になっているか確認しておきましょう。

なお、自動更新をOFFにすると、WINGパックに紐づく無料独自ドメインも自動更新がOFFになります。

ConoHaを使えば無料でマイクラができる?

ConoHa VPSでは、マインクラフト(マイクラ)を簡単に始める機能が付いています。マインクラフトを複数人で利用するためには専用のサーバーを立てる必要がありますが、テンプレートを使うと簡単に立てられます。

マインクラフト自体は自分で用意しなければいけないので、ConoHa VPSなら無料でできるということはありません。しかし、マインクラフトを快適に楽しむための機能が付いているので、そのための費用を抑えられます。

ConoHa WINGでWordPressを開設しよう

ConoHa WINGは、WordPressの使用に最適化されたレンタルサーバーです。料金やサーバーの性能、WordPress簡単インストールなど、初心者がWebサイトを始めるサーバーとしておすすめです。

他社ではよくある無料お試し期間がありませんが、1ヶ月〜の契約が可能なのでコストも最小限に抑えられます。

レンタルサーバー選びで迷ったら、ConoHa WINGを検討してみてください。おすすめのレンタルサーバーと費用やスペックを比較するのもおすすめです。

\アフィリエイター・ブロガーが使いたいレンタルサーバーNo.1/
おすすめの記事