どんな方向からでも物体を認識できる「アングルフリー物体検索技術」、NTTが開発 3枚目の写真・画像 | RBB TODAY

どんな方向からでも物体を認識できる「アングルフリー物体検索技術」、NTTが開発 3枚目の写真・画像

 日本電信電話(NTT)は16日、どんな方向から3次元物体を撮影しても、高精度に認識・検索し関連情報を提示できる「アングルフリー物体検索技術」を開発したことを発表した。カメラで周囲の建物や商品を撮影するだけで、関連情報を表示可能になるという。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

関連ニュース

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. NICT、機器の位置情報をレイヤ3スイッチに自動設定する技術「HANA」を世界初実装

    NICT、機器の位置情報をレイヤ3スイッチに自動設定する技術「HANA」を世界初実装

  2. ID倉庫&ID運輸……大塚倉庫が構築する物流ロジスティクス

    ID倉庫&ID運輸……大塚倉庫が構築する物流ロジスティクス

  3. 最大2Gbpsを実現!ヤマハの新VPNルータ「RTX1210」の特徴とは(後編)

    最大2Gbpsを実現!ヤマハの新VPNルータ「RTX1210」の特徴とは(後編)

  4. 【マイナンバーQ&A】株主からマイナンバー取得の必要はあるのか?<法人編>

  5. シャープ、台湾の鴻海が買収……国内大手電機が初の外資傘下に

  6. 連続稼働が可能な監視用ドローン「PARC」を展示……モトローラ

  7. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  8. 東京オリンピック、セコムとALSOKの両社がスポンサー契約を締結

  9. NECとセブン-イレブン、コンビニ電力見える化用「インテリジェント分電盤」を開発

  10. 新宿区、今後3年間で区内全小学校の通学路に防犯カメラを設置

アクセスランキングをもっと見る

page top