三菱電機と立命館大がLSIの個体差を利用したセキュリティ技術を開発 2枚目の写真・画像 | RBB TODAY

三菱電機と立命館大がLSIの個体差を利用したセキュリティ技術を開発 2枚目の写真・画像

三菱電機と立命館大学は、製造段階で生じるLSI(大規模集積回路)の個体差を利用して機器の秘匿と認証を行うセキュリティー技術を開発したことを2月5日に発表した。

エンタープライズ セキュリティ

関連ニュース

固有ID を生成する試作LSI。左が65nm・2.1mm角で、右が180nm・2.5mm角。この開発によりIoT機器のセキュリティ向上が図れる(画像はプレスリリースより)
固有ID を生成する試作LSI。左が65nm・2.1mm角で、右が180nm・2.5mm角。この開発によりIoT機器のセキュリティ向上が図れる(画像はプレスリリースより)

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  2. スシローがウイングアークのBIツールを導入

    スシローがウイングアークのBIツールを導入

  3. 防爆仕様のカバーとiPhone 6をセットにした防爆スマホが登場

    防爆仕様のカバーとiPhone 6をセットにした防爆スマホが登場

  4. サミット警備にも採用! 穴が空いても沈まないウレタン注入ボート

  5. 【インタビュー】マンションタイプ登場で一気に普及図る「NURO 光」!

  6. 富士通、大学向け授業支援システム「CoursePower V1」販売開始……成績評価までのプロセスを可視化

  7. ヤマトグループ、羽田クロノゲートでの出荷検品にNECの画像認識技術を導入

  8. RPG風マップも可能、地図デザインを選んで組み込める「MapFan API」

  9. 大阪市営地下鉄、全区間で携帯電話サービスが利用可能に

  10. マクドナルド店舗の実態、第三者検査機関に同行

アクセスランキングをもっと見る

page top