タイヤで車の燃費が向上……加熱する技術開発競争 3枚目の写真・画像 | RBB TODAY

タイヤで車の燃費が向上……加熱する技術開発競争 3枚目の写真・画像

 いまやタイヤもエコの時代。各メーカーとも、燃費に影響を与える“転がり抵抗”をおさえた「低燃費タイヤ」を開発している。通常のタイヤから燃費が3〜5%よくなる試算もあるぐらいだ。メーカー間でタイヤの開発競争が激化している。

エンタープライズ フォトレポート

関連ニュース

ブリヂストンECOPIA EP001S。トーヨータイヤNANOENERGY 0と合わせて、転がり抵抗AAA、ウェットグリップaを両立させた低燃費タイヤ(サイズはどちらも195/65R15 H91のみラインナップ)。
ブリヂストンECOPIA EP001S。トーヨータイヤNANOENERGY 0と合わせて、転がり抵抗AAA、ウェットグリップaを両立させた低燃費タイヤ(サイズはどちらも195/65R15 H91のみラインナップ)。

編集部おすすめの記事

特集

エンタープライズ アクセスランキング

  1. 【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

    【マイナンバーQ&A】どんな時にマイナンバーが必要になるのか?<個人編>

  2. 廃棄時の情報漏洩を物理的にシャットアウトするHDD/SSD粉砕機

    廃棄時の情報漏洩を物理的にシャットアウトするHDD/SSD粉砕機

  3. NTTドコモ、メールアドレスのルールを変更 〜 ピリオド連続などが使用不可に

    NTTドコモ、メールアドレスのルールを変更 〜 ピリオド連続などが使用不可に

  4. 最大2Gbpsを実現!ヤマハの新VPNルータ「RTX1210」の特徴とは(後編)

  5. 通り抜けできる「空中ディスプレイ」がついに実現

  6. 【マイナンバーQ&A】流出してしまった場合、企業に罰則はあるの?<法人編>

  7. 【マイナンバーQ&A】アルバイト従業員のマイナンバー管理はどうすればいいのか?<法人編>

  8. 【ERPの最新動向 Vol.6】基幹業務のカバレッジを広げる製品連携と業種・業界別テンプレート(前編)

  9. ドン・キホーテ、独自の電子マネー「マジカ」導入へ

  10. 体に触れずに心拍や呼吸を把握できるセンサーシステム「YORI・SOI」

アクセスランキングをもっと見る

page top