頼朝、令旨を携えた叔父・行家と対面.......大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第3話 | RBB TODAY

頼朝、令旨を携えた叔父・行家と対面.......大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第3話

エンタメ 映画・ドラマ
以仁王(木村昴)の令旨を受け取る頼朝(C)NHK
  • 以仁王(木村昴)の令旨を受け取る頼朝(C)NHK
  • 2歳になった娘の大姫をあやす源頼朝(大泉洋)、政子(小池栄子)(C)NHK
  • 頼朝の本心を聞きたい義時(C)NHK
【PICK UP】

 23日20時からは、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK総合)第3話が放送される。

 治承4年(1180)4月、源頼朝(大泉洋)と引き離された八重(新垣結衣)は伊東祐親(浅野和之)の家人・江間次郎(芹澤興人)の元へ嫁がされていた。対岸の江間館を見つめる北条義時(小栗旬)。そんな折、頼朝の叔父・行家(杉本哲太)が北条館を訪ねてくる。怪しがる政子(小池栄子)。しぶしぶ対面する頼朝だが、行家は平清盛(松平健)へ反旗を翻した後白河法皇(西田敏行)の御子・以仁王(木村昴)の令旨を携えていた。
《KT》
【注目の記事】[PR]

関連ニュース

page top