17歳新人女優・清田みくり、聖火ランナー役で『いだてん』出演決定に「とても驚きました」 | RBB TODAY

17歳新人女優・清田みくり、聖火ランナー役で『いだてん』出演決定に「とても驚きました」

エンタメ 映画・ドラマ
17歳新人女優・清田みくり、聖火ランナー役で『いだてん』出演決定に「とても驚きました」
  • 17歳新人女優・清田みくり、聖火ランナー役で『いだてん』出演決定に「とても驚きました」
  • 17歳新人女優・清田みくり、聖火ランナー役で『いだてん』出演決定に「とても驚きました」
 現在放送中の大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』(NHK)にて、15日放送の第47回に女優の清田みくり出演が決まった。


 清田は、松本穂香、森七菜らを輩出した『Negative pop』のモデルを務める17歳の新人女優。同ドラマでは、聖火リレーの最終走者・坂井義則にトーチを引き継ぐ当時中学三年生の鈴木久美江役に決定した。大河ドラマ初出演が重要な役どころとなることについて、清田は「ごくありふれた反応ですが、まずとても驚きました。結果が、"もう出たのか?!"というくらい早かったからかもしれません。その後すぐに、ものすごく大きな嬉しさがやってきました。選んでいただいたからには、自分で自分に圧をかけて頑張ろう、と思いました」とコメント。

 演じてみての感想については「本当に、幸せなひと時でした。周りからの声援や、視界に入ってくる景色など、ああこれは忘れられないなと。鈴木久美江さんも、一番印象に残っている出来事だと言っていた、とお聞きしていたので、そこは共鳴できたかも、と嬉しくなりました。オリンピックという世界的な大イベントは、様々な出来事を乗り越えて、今日まで続いているんだと感じます。きっと観る人の心を打つものになっているだろうなと思うので、是非ご覧いただきたいです」と語っている。
《KT》

関連ニュース

page top