高田夏帆とA.B.C-Z・戸塚祥太、新ドラマ『凛子さんはシてみたい』でW主演 | RBB TODAY

高田夏帆とA.B.C-Z・戸塚祥太、新ドラマ『凛子さんはシてみたい』でW主演

エンタメ 映画・ドラマ
(c)「凛子さんはシてみたい」 製作委員会・MBS
  • (c)「凛子さんはシてみたい」 製作委員会・MBS
  • (c)「凛子さんはシてみたい」 製作委員会・MBS
 人気コミック「凛子さんはシてみたい」を実写ドラマ化した同名のドラマ作品が10月19日からMBS/TBSドラマイズムでオンエアとなる。

 物語の主人公は、27歳にしてウェディングプランナーのチーフに昇格し、地位、名誉、憧れ、羨望のすべてを得た誰もが認める“いい女”・雨樹凛子(あまきりんこ)。彼女には誰も言えないコンプレックスがあった。それは27歳にして、未だ処女だということ。一方、同期の上坂弦(かみさかげん)は同じく27歳にして、契約数1位を誇り、容姿端麗でミステリアスなため女性の羨望を一身に集めるパーフェクト男子。ある日、偶然にも、弦が実は童貞だと知った凛子は、弦をラブホテルに誘う。そして2人は“脱・未体験パートナー協定”を結び、いつか互いの好きな人と結ばれるための練習を始めて…。

 雨樹凛子役には「仮面ライダービルド」のヒロインにて大きな注目を集めたほか、NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」などに出演、「王様のブランチ」のリポーターなどマルチに活躍しする若手女優・高田夏帆が決定。また、同期で最大のライバル・上坂弦役には、ジャニーズ事務所の5人組グループA.B.C-Zのメンバーとして2012年にデビューし、今回が地上波恋愛ドラマ初主演となる戸塚祥太が決定した。

 高田夏帆は「うぶキュンなラブシーンもあるので、父には放送日未定とぼやかしていますが、父以外の皆さんには10月19日からの放送を是非ご覧いただきたいです。漫画原作のドラマ出演は夢のひとつでした。愛すべき拗らせ凛子さんを精一杯演じたいと思います」とコメント。戸塚祥太は「少女漫画の原作ドラマに出演すると聞いた際は、正直とても驚きました。演じる上坂弦と僕には相当な距離感があり、アプローチ方法に日々頭を悩ませています。高田さんや椿本監督の作品に対する姿勢には、刺激を受け、時に斬新な発想でハッとさせられております。新しい扉を開けるワクワクを感じながら、チーム一丸となって楽しく撮影しております。原作から滲み出る"うぶキュン"をしっかり伝え、藤田先生の世界観を愛しているファンの方々に「参った!!」と感じて頂けるように撮影現場で切磋琢磨していきます。ぜひ、放送を楽しみにしていて下さい」と話している。

 ドラマ『凛子さんはシてみたい』は19日(火)放送スタート(MBS 毎週火曜 24:59~/TBS 毎週火曜 25:28~)。
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top