レストラン1899お茶の水、夏季限定の“お茶スイーツ”!17種の素材を重ねた夏のパフェも | RBB TODAY

レストラン1899お茶の水、夏季限定の“お茶スイーツ”!17種の素材を重ねた夏のパフェも

ライフ グルメ
「1899アフタヌーンティープレート」(税込1,800円)
  • 「1899アフタヌーンティープレート」(税込1,800円)
  • 「桃とほうじ茶の夏色パフェ(同1700円)」
  • レストラン1899お茶の水、夏季限定の“お茶スイーツ”!17種の素材を重ねた夏のパフェも
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 ホテル龍名館お茶の水本店内の日本茶レストラン「レストラン1899お茶の水」では、抹茶やほうじ茶など、日本茶をベースとしたスイーツに、夏のフルーツを組み合わせた“お茶スイーツ”の新作2品が、夏季限定で販売される。


 登場する2品は、ほうじ茶のかき氷や煎茶のゼリー、抹茶のパフェなど10品をワンプレートにした「1899アフタヌーンティープレート」(1,800円)と、モモやモモのピューレ、ピーチティーのジュレに、「ほうじ茶プリン」や「ほうじ茶アイス」などを重ねた17層の「桃とほうじ茶の夏色パフェ」(1,700円)。

 アフタヌーンティープレートには新作の「ほうじ茶かき氷」も含まれており、5~6時間かけて作られた氷は、粒が細かくなめらかで、口どけの良い仕上がりとのこと。また、夏色パフェは日本料理の職人が一点一点丁寧に盛りつけており、ピーチティージュレの透明感と各層のバランスにより、グラスの中の食材が涼しげに、立体的に仕上げられているという。アフタヌーンティープレートは6月1日から、パフェは7月1日から発売。いずれも、8月31日まで販売される。
《KT》

関連ニュース

page top