ザ・ローリング・ストーンズ、初となる全編ライブ映像作品発売決定 | RBB TODAY

ザ・ローリング・ストーンズ、初となる全編ライブ映像作品発売決定

エンタメ 音楽
Photo by Jake Cohl/Antony Green
  • Photo by Jake Cohl/Antony Green
  • Photo by Nick Nichols
  • ザ・ローリング・ストーンズ、初となる全編ライブ映像作品発売決定
  • ザ・ローリング・ストーンズ、初となる全編ライブ映像作品発売決定
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築(動画)※テレワーク環境を変える!参考になるデスクセットアップ※日向坂46・小坂菜緒、森七菜、吉岡里帆……注目写真集・フォトブック20選!

 ザ・ローリング・ストーンズにとって初となる全編ライブ映像作品「ア・ビガー・バン:ライヴ・オン・コパカバーナ・ビーチ」が7月9日発売されることが決定した。


 同作は、ザ・ローリング・ストーンズが2006年2月8日にリオデジャネイロのコパカバーナ・ビーチで行なった伝説的ライブを収めた映像作品。今回、未発表4曲が追加され、初となる全演奏内容で、リミックス、リマスター、再編集されており、DVD+2CD、BD+2CD、3DVD+2CDのデラックス盤、3LP(通常盤及び青、黄色、緑のカラー盤:輸入盤のみ)、およびデジタルなど、マルチ・フォーマットで発売される。

 発売に先駆けて、5月28日にこのセットから5曲がデジタルEPとして先行リリースされる。曲目は「悪魔を憐れむ歌」、「ワイルド・ホース」、「ユー・ガット・ミー・ロッキング」、「ハッピー」、そして「ラフ・ジャスティス」。演奏は4曲がコパカバーナ・ビーチでのライブからで、「ラフ・ジャスティス」のみ、デラックス・エディションに含まれる2005年のソルトレークシティでの演奏となっている。

 また、今回収録される4曲「ダイスをころがせ」、「Oh No.ノット・ユー・アゲイン」、「虚しい気持ち」、「悪魔を憐れむ歌」は、2007年に『ザ・ビッゲスト・バン』としてDVDでリリースされたときには収録されなかったもので、今回初めてリリースされる。また、日本盤デラックス・エディションのみボーナス映像として、2007年発売『ザ・ビッゲスト・バン』にエディット・ヴァージョンが入っていた「リオデジャネイロ・ドキュメンタリー」のフル・ヴァージョンが収録される。

 さらに、ザ・ローリング・ストーンズはレコード・ストア・デイを記念して「レイン・フォール・ダウン」(コパカバーナ・ビーチでのライヴ)と「ラフ・ジャスティス」(ソルトレークシティのライヴ)をフィーチャーしたスペシャルな10インチ・ピクチャー・ディスクも6月12日にリリースする(輸入盤のみ)。
《KT》

関連ニュース

page top