おいでやすこがが“コンビ結成”を否定!「ユニットの方が僕らの力が発揮できる」 | RBB TODAY

おいでやすこがが“コンビ結成”を否定!「ユニットの方が僕らの力が発揮できる」

エンタメ 映画・ドラマ
おいでやすこが【撮影:小宮山あきの】
  • おいでやすこが【撮影:小宮山あきの】
  • おいでやすこが【撮影:小宮山あきの】
  • おいでやすこが【撮影:小宮山あきの】
  • おいでやす小田【撮影:小宮山あきの】
  • こがけん【撮影:小宮山あきの】
  • おいでやすこが【撮影:小宮山あきの】
 お笑いユニット「おいでやすこが」のこがけんと、おいでやす小田が17日、都内で行われた映画『ミナリ』大ヒット&アカデミー賞受賞祈願イベントに登場した。

同作は、1980年代に農業で成功することを夢見て、アメリカ・アーカンソー州の高原に引っ越してきた韓国系移民のジェイコブ一家の物語。

 2人は、同作がアカデミー賞にノミネートされたことにちなみ、タキシード姿で登場。「映画好き」で知られるこがけんは、初の映画イベント登壇に大興奮の様子で、「すごいことですよ。テンションが上がりますね」と大喜び。対する小田は、「僕は完全に、こがけんのバーターだと思っています…」とぼやいて笑わせた。

 昨年の「M-1グランプリ2020」では、“ピン芸人同士のユニット”として、大会史上初の決勝進出を果たし、話題となった2人。

 MCから、「2人は息がぴったりですが、コンビを結成することはある?」と聞かれると、こがけんは「ないかもしれないですね」と消極的な回答。小田も、「コンビ化する必要がないんですよね。各々のことをやっていて、場面、場面でユニットを組むのが一番珍しいし、僕らの力が発揮できるなと思います」とコメント。「ピン芸人同士で(お笑いユニットを)やっているライバルがいないことが、(理由として)大きいんです」と、改めて“コンビ結成”を否定した。

 また、2人が「気合いを入れて作った」という新ネタの『ミナリ』バージョンや、“細かすぎる映画ものまね”を披露する場面も。

 「一足先に、作品を見た感想は?」との問いに、こがけんは、「もし去年に見ていたら、精神的に不安定になるくらいに泣いていたと思います。今は『M-1グランプリ』の後で、(仕事が増えて)すごく恵まれた環境にあるので…。農地を一から耕していく農作業というのが、自分の一年前とか、それまでの芸人人生と重なるものがありました」と、成功を夢見て苦労する劇中の家族に思いを重ねた熱いコメント。

 小田は、「ほんまにリアル過ぎて、ドキュメンタリーだと錯覚するというか、本当にアメリカに来た韓国の家族を、のぞき見しているような映画でした。いろんな業種の方でも感情移入して、やる気になったりできる作品だと思います」とアピールしていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top