JO1豆原、演技初挑戦!リーダー與那城が稽古相手に「結構ガチで…」 | RBB TODAY

JO1豆原、演技初挑戦!リーダー與那城が稽古相手に「結構ガチで…」

エンタメ その他
豆原一成(JO1)【撮影:浜瀬将樹】
  • 豆原一成(JO1)【撮影:浜瀬将樹】
  • フォトセッション【撮影:浜瀬将樹】
  • 白石聖【撮影:浜瀬将樹】
  • 後藤淳平(ジャルジャル)【撮影:浜瀬将樹】
  • 福徳秀介(ジャルジャル)【撮影:浜瀬将樹】
  • 山内大典監督【撮影:浜瀬将樹】
  • 豆原一成(JO1)【撮影:浜瀬将樹】
 JO1の豆原一成が15日、TOHOシネマズ日比谷にて開催された映画『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』大ヒット御礼舞台挨拶に、ジャルジャル(後藤淳平、福徳秀介)、白石聖、山内大典監督と共に出席した。

 新型コロナウイルスの影響で世の中が落ち込む昨今、“こんなときだからこそ、エンタメの力で人々の心を元気にしたい”という考えのもと、人気俳優×吉本興業芸人×クリエイターの豪華8組24名による8つのショートストーリーが展開される。

 豆原は『本日は、お日柄もよく』にナインティナイン・岡村隆史と共に出演。ジャルジャル・後藤は、相方の福徳が脚本を担当した『まわりくどい二人のまわりくどい気持ちの伝え方は大胆でむしろまわりくどい』で白石と共演。山内氏は両作の監督を務めている。

 演技初挑戦だったという豆原は「喋りながら動作するとか、岡村さんを追いかけて台詞を言うとか、そういうことが自分の人生になくて……。豆原一成としてしか生きたことがなかったので、不思議な感覚と、“練習したことをやるしかない”と思っていました」と当時の胸中を吐露。

 練習では、JO1のリーダー・與那城奨が岡村役を担ってくれたようで「リーダーの部屋で、岡村さんの台詞を読んでもらって練習していました。結構ガチでやってくれましたね。岡村さんの台詞が関西弁だったんですけど、(沖縄出身の)奨くんがゴリゴリの関西弁でやってくれて」と回顧して会場を笑わせた。

 JO1が結成されたオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN』で司会を務めていた岡村との共演については「僕人見知りなので、ガッツリ話すことはできなかったんですけど、メイク中にJO1の活動のことを聞いてくれて本当に優しい方だと思いました。『毎日楽しいです』って答えたら、笑ってくれたので嬉しかったです」と感慨深げ。今後も演技に挑戦したい旨を語った。

 一方、『まわりくどい~』では、後藤たちの演技に「お二人の感じがリアルで最高!」と福徳。そんな中、白石が「半日もかからない撮影期間だったんですけど、後藤さんの(独特な)空気感が映像になっていると思います」と感想を吐露すると、後藤は「(撮影が)5時間くらいでしたよね。監督がテキパキされていた。絶対時間を押せないんだろうな……て伝わってきました」と暴露。会場を爆笑に包んでいた。

 映画『半径1メートルの君~上を向いて歩こう~』は全国ロードショー中だ。
《浜瀬将樹》

関連ニュース

特集

page top