太田光、分科会・尾身会長と初対面!コロナ対策「船頭がいっぱいいる」と主張 | RBB TODAY

太田光、分科会・尾身会長と初対面!コロナ対策「船頭がいっぱいいる」と主張

エンタメ その他
太田光【撮影:こじへい】
  • 太田光【撮影:こじへい】
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 爆笑問題・太田光が、14日放送の『芸人記者ニュースマン』(フジテレビ系)に出演。新型コロナウイルス感染症対策分科会・尾身茂会長と対談した。


 この日、尾身会長と初めて対面した太田。そこで政府、専門家、医療関係者などがそれぞれの言葉で国民にコロナについて訴えてきたこの1年を振り返り、「メッセージがなかなか伝わりにくい原因の1つとして、総理、厚生労働大臣、尾身会長、東京都医師会、日本医師会と、船頭がいっぱいいる」と言及。

 しかも「それが微妙にズレている」とジレンマを訴えながら、「医師会と尾身先生と政府は、発表する前に意見を統一して」と投げかけた。

 すると尾身会長は「それぞれの専門家というか立場の人は言いたいことがある」としながらも、「それがどう相手に伝わるかは別の話」と、太田の主張に一定の理解を示した。さらに「どうやれば相手により分かってもらうか、“リスクコミュニケーション”が日本の社会は不得意」と見解。

 続けて「いろいろなアイデアをシェアした上で、どう言葉に翻訳するかはプロの意見を聞いてやったらいいと思う」と述べ、「(そうしたリスクコミュニケーションのプロに会ったら)言っておきます」と返していた。

 対談を終えた太田は、「船頭が多すぎる」という私見について、「尾身さんが持ち帰ってくれるのか期待したい」と話していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top