吉川愛、声優初挑戦!ディズニー最新作『ラーヤと龍の王国』日本語吹替版ヒロイン役 | RBB TODAY

吉川愛、声優初挑戦!ディズニー最新作『ラーヤと龍の王国』日本語吹替版ヒロイン役

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2021 Disney. All Rights Reserved. (C)2021 Disney and its related entities
  • (C)2021 Disney. All Rights Reserved. (C)2021 Disney and its related entities
  • (C)2021 Disney. All Rights Reserved. (C)2021 Disney and its related entities
  • (C)2021 Disney. All Rights Reserved. (C)2021 Disney and its related entities
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 ディズニー最新作『ラーヤと龍の王国』ヒロインのラーヤ役の日本語吹き替え版声優に吉川愛が決定した。吉川は、今作が声優初挑戦となる。


 同作の舞台・龍の王国「クマンドラ」はかつて、聖なる龍たちに守られ、龍と人とが共存する平和な王国だったが、突如現れた邪悪な魔物ドルーンとの戦いで、すべての龍が犠牲に。さらに残された人々は信じあう心を失い、王国は分断されてしまう。聖なる龍の力が宿るという龍の石の守護者一族の娘であるラーヤは、唯一生き長らえたという“最後の龍”の力を蘇らせ、バラバラになった世界を再び一つにするため、王国の“最後の希望”として一人旅立つ。

 今回、ディズニーUS本社のオーディションを経て大役を射止めた吉川。大のディズニー好きだという吉川はラーヤ役抜擢について、「絶対に受からないと思っていたので、受かったと聞いた時には『これは現実なのか?』と信じられなかったです。はじめは喜びの方が大きかったのですが、初めて声優をやらせていただくのがまさかのディズニーさんということもあり、だんだん緊張の方が増してきました」と心境をコメント。吹替の演技については「普段ドラマや映画だと、表情や動きでうまく表現することができるんですが…。声だけで表現するというのはものすごく難しいです」と、普段とは異なる苦労もあったという。

 また、ラーヤと自身の重なる部分については「私自身、初めてお会いする方に対して慎重すぎるところがあって、そこはラーヤに共感できるなと思いました。ラーヤのように過去に何かがあったわけではないのですが、大人になるにつれ慎重になっていき…」と語る一方、武術に長けたラーヤに対して「私は運動神経がよくないほうなので、羨ましいなって思いながら吹替をやっていました(笑)」と笑顔を見せた。さらに、今回の経験を「一生の思い出で、一生の宝物」と語っている。

 ほか、世界を救う鍵となる“最後の龍”シスー役には声優の高乃麗、ラーヤの父親ベンジャ役には森川智之など、実力派声優陣が脇を固めることも決定。発表にあわせて、日本語版の予告編も公開されている。『ラーヤと龍の王国』は、3月5日より映画館・ディズニープラス プレミア アクセスにて公開。

《KT》

関連ニュース

特集

page top