2021年後期朝ドラ『カムカムエヴリバディ』ヒロインは上白石萌音・深津絵里・川栄李奈の3人に決定 | RBB TODAY

2021年後期朝ドラ『カムカムエヴリバディ』ヒロインは上白石萌音・深津絵里・川栄李奈の3人に決定

エンタメ 映画・ドラマ
『カムカムエヴリバディ』に出演する上白石萌音・深津絵里・川栄李奈
  • 『カムカムエヴリバディ』に出演する上白石萌音・深津絵里・川栄李奈
【PICK UP】
※【連載】はるなのテレワーク環境構築※YouTuber・クリエイター達の秀逸環境をチェック※芸能・エンタメ最新ニュース

 2021年後期連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』(NHK) のヒロインが、上白石萌音・深津絵里・川栄李奈の3人に決定した。


 同作は、連続テレビ小説『ちりとてちん』の藤本有紀が書き下ろすオリジナルストーリー。舞台は、1925(大正14)年、日本でラジオ放送が始まった日、岡山市内の商店街にある和菓子屋で、女の子が生まれた。名前は安子という。あんこの甘い香りに包まれたあたたかい家庭に育った安子は、ずっと家族との幸せが続くことを願った。やがて戦争の足音が近づくなか、さまざまな試練が安子に舞い降りる。

 だが、ラジオ放送開始からまもなく始まるラジオ英語講座との出会いが、安子の未来を切り開いていく。安子の娘、二代目ヒロインるいの物語は、昭和30年代の大阪から。るいの娘、三代目ヒロインひなたの物語は、昭和40年代の京都から、それぞれ始まる。昭和から平成、そして令和へ。三世代ヒロインは、その時代時代の試練にぶちあたり、ときに、世間や流行から取り残されながらも、恋に、仕事に、結婚に、自分らしい生き方を、不器用ながらも、それぞれが違うあり方で、見出していく。そして、3人の傍らには、ラジオ英語講座があった。

 安子役の上白石萌音は、連続テレビ小説初出演。「連続テレビ小説への出演はずっと大きな目標でした」と語り、「今はとにかく大阪の地で皆さんと再会する日が待ち遠しいです。深津絵里さん、川栄李奈さんへと続くリレーの第一走者としてしっかりバトンをおつなぎできますよう、そして皆様の朝を明るく照らせますよう、誠心誠意務めます」と意気込んだ。

 同じく連続テレビ小説初出演で、るい役を務める深津絵里は「これまで、おひとりでヒロインを務めてこられた方々の覚悟を想像すると、尊敬の念しかありません。でも、今回は3人です!あふれる魅力全開の、萌音さんと李奈さんと一緒なら怖いものなし!とてもとても心強いです」としたほか、ひなた役の川栄李奈は「大阪は、以前仕事で何度か行かせてもらい、大阪ならではの街並みや風景、人情あふれる温かい人たちにとても元気をもらっていたので長期間の撮影ですが今から楽しみです。少しでもみなさんに笑顔をお届けできるよう精一杯頑張ります」とコメントしている。
《KT》

関連ニュース

page top