西川貴教、驚異の食生活明かす「ゆで卵は1日40個」 | RBB TODAY

西川貴教、驚異の食生活明かす「ゆで卵は1日40個」

エンタメ その他
西川貴教【写真:竹内みちまろ】
  • 西川貴教【写真:竹内みちまろ】
 西川貴教が、15日放送の『ウチのガヤがすみません!』(日本テレビ系)に出演。驚きの食生活を明かした。


 今月12日、「ベストボディ・ジャパン2020日本大会」のモデルジャパン部門ゴールドクラス(50歳~59歳)で優勝した西川。同大会は健康美を競うものだとか。

 50歳にしてムキムキの肉体を鍛え上げている西川だが、ここで彼の食生活に欠かせないという、ナゾの家電の写真が登場。正体について誰も答えられない中、西川は「これは、自動ゆで卵製造機です」と告げると、スタジオからはどよめきが。またフットボールアワー後藤輝基も「いやいや聞いたことない」とビックリ。

 「ゆで卵はどれくらい食べるのか」という質問に西川は「大会前で、いわゆる塩を抜いた状態、味のついていないゆで卵を大体1日40個」と答えると、後藤も「(卵を丸飲みすると言われる)ヘビ越えてるやん!」、ヒロミも「産むほうも大変……40!?私ムリムリ」と、なぜかニワトリの気持ちを代弁。

 筋肉を作ると言われるタンパク質を多く含む卵。食べる頻度は毎回6個程度で、それを1日6食の中で繰り返し食べていくという。ヒロミから「(1日の)最後、夜の6個を食べるとき、どんな感じ?」と尋ねられた西川は「もう機械です。卵を食べるだけの機械」と返事。「感情なし?」との質問にも「ゼロ」と語っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top