宮崎謙介、2度目の不倫を生謝罪「襟を正して…」と更生を誓う | RBB TODAY

宮崎謙介、2度目の不倫を生謝罪「襟を正して…」と更生を誓う

エンタメ その他
宮崎謙介【撮影:小宮山あきの】
  • 宮崎謙介【撮影:小宮山あきの】
【Amazon】5日間のビッグセール開催中!!(PR)■注目のタイムセール商品をチェックする

 元衆議院議員・宮崎謙介が、27日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に生出演。今回の不倫報道について謝罪する一幕があった。


 昨年10月から同番組の金曜MCを務めている宮崎。トーク中、アシスタントの新井麻希から「ここで宮崎さんから一言」と振られると、彼は神妙な面持ちで、「関係者の皆さまには多大なるご心配とご迷惑をおかけしておりますが、本日19時に『文春オンライン』で私の女性関係に関する報道がなされましたことをこの場をお借りしてお詫びを申し上げたいと思います」と述べ、「お騒がせいたしまして申し訳ございません」と頭を下げた。

 宮崎は今年6月、SNSを通じて親しくなった中国地方の医療従事者の女性と不倫。だが同年10月、彼は都内のホテルで関係を持ったあと、「深夜には戻ってくる」といって自宅に帰宅したまま戻ってこなかったそう。以来何の連絡もないことに腹を立てた女性が『文春オンライン』に今回の一件を語ったことで明るみとなった。

 宮崎は番組で引き続き、この報道が出ることが分かったあと、妻である元衆議院議員・金子恵美に謝罪したことを明かし、「誠心誠意、謝りました。そうしましたら、さすがに2回目ですので、あきれている気持ちが強いというと共に、非常に怒られました」と振り返った。

 さらに妻からは「軽はずみなコミュニケーションが災いした」「度が過ぎたコミュニケーション能力の無さの問題だと、かなりキツく言われた」と回顧。そして、「襟を正して、これからしっかりとやってきたいと思っております」と出直し宣言。「MXの皆さん本当にすみませんでした」と謝罪した。

 一度スタジオは場が沈んだが、玉袋筋太郎が「『許すチカラ』というあれだけの本を書いた奥様ですよ。許してくれる力があるんですかね?」と、金子が出版した書名を挙げながら言及。

 ライムスター宇多丸も「許してくれたことを裏切っちゃってるわけですから」と苦言を呈した。だが玉袋は、「4年ぶり2度目の“V”でしょ」と、あたかも優勝のように表現し、重くなるスタジオの空気を笑いに変えようとしていた。

 宮崎は2016年、金子の第1子妊娠中に、女性タレントと不倫をしたと報じられて議員を辞職。2019年には金子も議員を引退している。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top