星野源の緊迫シーン、小栗旬の記者姿も!映画『罪の声』場面写真一挙解禁 | RBB TODAY

星野源の緊迫シーン、小栗旬の記者姿も!映画『罪の声』場面写真一挙解禁

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2020 映画「罪の声」製作委員会
  • (C)2020 映画「罪の声」製作委員会
  • (C)2020 映画「罪の声」製作委員会
  • (C)2020 映画「罪の声」製作委員会
  • (C)2020 映画「罪の声」製作委員会
  • (C)2020 映画「罪の声」製作委員会
  • (C)2020 映画「罪の声」製作委員会
  • (C)2020 映画「罪の声」製作委員会
  • (C)2020 映画「罪の声」製作委員会
 小栗旬、星野源の映画初共演作『罪の声』が10月30日に全国公開となる。このほど、同作の“重要シーン”をとらえた場面写真が解禁された。


 原作は、2016年「週刊文春」ミステリーベスト10で第1位を獲得した塩田武士の同名小説。フィクションでありながら、日本中を巻き込み、震撼させ、未解決のまま時効となった大事件をモチーフに、綿密な取材と着想が織り混ぜられている。メインとなるのは、事件に翻弄されながらも、その奥に眠る真実に向かって力強く進む2人の男。

 主人公で新聞記者、阿久津英士を演じるのは、小栗旬。35年以上前に起き、既に時効となっている犯罪史上類を見ない劇場型犯罪の真相と謎の犯人グループを追う記者を演じている。そして、もう一人の主人公・曽根俊也には、星野源。父から受け継いだテーラーを営み、家族と共に平凡な毎日を過ごす中で、偶然にも幼少時の自分が知らないうちにこの日本中を震撼させた未解決の大事件に関わっていたことを知ってしまう男を演じる。

 解禁された場面カットでは、未解決事件の真相を追うため、主人公・阿久津(小栗旬)が東京・大阪・京都・岡山など日本各地、果てはイギリスまで飛び回り、取材する姿が映し出されている。一方、曽根(星野源)が、自分の声を脅迫テープに使われていたことを知る緊迫の場面や、妻の亜美を演じる市川実日子との家族団らんの場面カットも解禁。また、9月4日に最終回を迎えたドラマ『MIU404』で共演した星野源、橋本じゅんの2ショット写真も披露された。

 映画『罪の声』は、10月30日全国公開。
《KT》

関連ニュース

page top