広瀬アリス、女子カーリング・本橋選手の生き方に涙 | RBB TODAY

広瀬アリス、女子カーリング・本橋選手の生き方に涙

エンタメ その他
(Photo by Robert Cianflone/Getty Images,)
  • (Photo by Robert Cianflone/Getty Images,)
  • (Photo by Dean Mouhtaropoulos/Getty Images)
  • 広瀬アリス【撮影:こじへい】
  • (Photo by Robert Cianflone/Getty Images,)
 7日放送の「アナザースカイII」に女子カーリングの本橋麻里選手が登場。故郷である北海道・北見市を舞台に、カーリングに関わる人生について語った。今田耕司とともに番組MCをつとめる広瀬アリスは、その姿勢に涙する場面もあった。

 本橋選手は2006年19歳でトリノ冬季オリンピックカーリング競技女子の部に出場し7位。そして2010年、バンクーバー冬季オリンピックカーリング競技女子の部に出場するも8位に終わった。本橋は当時をふり返り「思い描いているものが夢の夢で終わってしまった」と話す。この時、衝撃を受けたのがスウェーデンのチームだ。「スウェーデンの選手はトリノで優勝し、バンクーバーで同じメンバーで優勝。その4年間で出産して子育てして、またアイスに戻ってきてる姿を見て、すごいいいな、カラフルだなと思った」「私たちはカーリングが人生っていう形で、そこにとらわれてしまいすぎて自分の人生は二の次だった」「なるべく女性の人生の中でうまくフィットできるようなチームを作りたいなと思った」と話した。

 本橋は、この思いを胸にチーム青森からの脱退を発表し、地元に帰って「ロコ・ソラーレ」の結成を発表し周囲を驚かせた。チームメンバーゼロ、活動費もゼロのなかで声をかけてくれたのが、皮膚科の先生だったという。「4年に1回のオリンピックを目指すのであれば支援はしないよ。地元に根付いたチームを作るんだよね?」と言われた言葉を今でも覚えている」。この先生からは勝つことが全てではないと学んだという。しかし、結果を出せずにいた本橋は、自身の結婚には躊躇していた。後押ししたのは皮膚科の先生の言葉。「結婚してカーリングも続ければ良いでしょ?」「結果はついてくるもんでさ、スポーツは楽しむのが一番」「カーリングだけが人生じゃない」。結果、2018年の平昌オリンピックでは銅メダルを獲得。もぐもぐタイム、「そだねー」……この時の選手たちの様子は話題にもなった。

 「チームを作るときに大切にしたのが、一人の個性をつぶさないということ」「よくOne Teamっていうんですけど、言葉を間違えると、一色に染めるのか一人ひとりがチームのために頑張れるのかって全然違うので……」と本橋。この言葉の意味は重い。チームの吉田知那美も「カーリングが人生なんじゃなく、人生の1つのページの中にカーリングがあるっていう考え方を、本橋選手はよく言ってくれていて」「カーリングにかかわる全てを肯定するというのがチームの軸としてある」と話した。

 広瀬アリスは「一人の女性として人生を楽しもう」という本橋選手の姿勢に、「涙がでてきそう」とし「考え方っていうのがすべての仕事の方に通じるものだと思う。それで行き詰っている人は絶対いっぱいいるので……、ありがとうございました」と話した。
《RBB TODAY》

関連ニュース

page top