北川景子主演作『ファーストラヴ』中村倫也&芳根京子&窪塚洋介の出演決定 | RBB TODAY

北川景子主演作『ファーストラヴ』中村倫也&芳根京子&窪塚洋介の出演決定

エンタメ 映画・ドラマ
(C)2021『ファーストラヴ』製作委員会
  • (C)2021『ファーストラヴ』製作委員会
 北川景子主演の映画『ファーストラヴ』が2021年公開となる。このほど、追加キャストとして中村倫也、芳根京子、窪塚洋介の出演が新たに発表された。


 同作では、アナウンサー志望の女子大生が面接試験を途中で放棄し、その足で父親を刺殺する。「動機はそちらで見つけてください」......容疑者である美人女子大生・聖山環菜の挑発的な言葉は、マスコミを大いに賑わせた。彼女のドキュメンタリー本の執筆を依頼された公認心理師の真壁由紀(北川景子)は、二転三転する環菜の供述に翻弄されながらも、面会や手紙のやりとりを重ねていく。

 さらに彼女に関係する人々について調査していく中で、やがて由紀は環菜にどこか過去の自分と似たものを感じ始める。そして自身もまた、心の奥底にしまったある記憶と向き合うことになる。なぜ環菜は父親を殺さなければならなかったのか?果たして真犯人は他にいるのか?

 新たに出演が決まった中村倫也は北川演じる由紀の義理の弟で、由紀とともに、事件の真相に迫る敏腕弁護士・庵野迦葉に挑む。そして、由紀(北川)と迦葉(中村)が向かい合う父親殺しの容疑者・聖山環菜を、芳根京子が担当。父由紀の夫であり、迦葉の兄、2人のよき理解者となるカメラマンの真壁我聞を、窪塚洋介が演じる。

 出演が決まった中村は、「ここまで頭から離れなかった人物は初めてかもしれません」と自身の役柄についてコメント。「僕がこの世界に入る前から一ファンとして多大なる影響を受けてきた堤さん、窪塚さん。もはや百戦錬磨の芳根さん。そしてなにより、同世代の星、北川さん。試写の案内が届くのが楽しみな今日この頃です」と、キャスト陣との共演を喜んだ。

 芳根は、「環菜と向き合えば向き合うほど、引きずり込まれそうで震える恐怖を、初めて味わいました」と語り、「撮影が終わった今も、思い出すと涙が溢れます。現場の温かい空気と、スタッフ・キャストの皆様に心から救われました。真壁先生が北川さんで本当に良かったです。初めての堤組で経験させてもらった事は、一生忘れません」と同作出演についてコメントした。窪塚は、「何もしないことの難しさ。 堤監督との12年ぶりの仕事で求められたのは"何もしない"こと。何の狙いも持たずにただただ良き夫、良き兄としてカメラの前で在ることは想像以上に難しかった」と今作の芝居について語っている。

 映画『ファーストラヴ』は、2021年公開。
《KT》

関連ニュース

page top