白石聖、連ドラ初主演!オカルトブームの火付け役『恐怖新聞』実写化 | RBB TODAY

白石聖、連ドラ初主演!オカルトブームの火付け役『恐怖新聞』実写化

エンタメ 映画・ドラマ
ドラマ『恐怖新聞』
  • ドラマ『恐怖新聞』
  • ドラマ『恐怖新聞』
  • ドラマ『恐怖新聞』
  • ドラマ『恐怖新聞』
  • ドラマ『恐怖新聞』
 8月29日より新ドラマ『恐怖新聞』(フジテレビ系)がスタート。同ドラマで、女優の白石聖が連続ドラマ初主演することが分かった。


 同ドラマは、70年代にオカルトブームの火付け役となったつのだじろうによる同名漫画が原作。白石演じる主人公・小野田詩弦は、京都市内の大学に通う女子大生。念願の一人暮らしを始めた途端に、1日読むごとに100日ずつ寿命が縮まる恐怖新聞が届くようになった。最初はイタズラだと思っていた詩弦だが、次々と新聞に書かれた通りの事件が起こり、信じるように。前途洋々の大学生活が、死と隣り合わせの悪夢へと一変する!?ほか、詩弦の母親・小野田歌子役を女優の黒木瞳が演じることも決まっている。

 連ドラ初主演の白石は「オファーをいただいた時は、素直にすごく嬉しかったです。ただ、連続ドラマ初の主演で、ホラー作品も初めてなので不安もあります」と心境をコメント。自身の役どころについては「私が演じる詩弦は、巻き込まれていく役なので、周りの方のお芝居に影響されていくのかなと思います。会話のキャッチボールをしっかりやっていきたいです」と語り、「見どころはたくさんありますが、詩弦が『自分が存在している意味は何だろう』と葛藤しながら成長していく姿もその(見どころの)1つです」と開設。「最終的には共感してもらえるような、目が覚めるようなお芝居ができればと思っています」と意気込んだ。

 ドラマ『恐怖新聞』(フジテレビ系)は、8月29日スタート。毎週土曜23時40分から放送。
《KT》

関連ニュース

page top