吉野家、すき家、松屋の「うな丼」「うな重」テイクアウトを食べ比べ | RBB TODAY

吉野家、すき家、松屋の「うな丼」「うな重」テイクアウトを食べ比べ

ライフ グルメ
吉野家、すき家、松屋の「うな丼」「うな重」テイクアウトを食べ比べ
  • 吉野家、すき家、松屋の「うな丼」「うな重」テイクアウトを食べ比べ
  • 吉野家、すき家、松屋の「うな丼」「うな重」テイクアウトを食べ比べ
  • 吉野家、すき家、松屋の「うな丼」「うな重」テイクアウトを食べ比べ
  • 吉野家、すき家、松屋の「うな丼」「うな重」テイクアウトを食べ比べ
  • 吉野家、すき家、松屋の「うな丼」「うな重」テイクアウトを食べ比べ
  • 吉野家、すき家、松屋の「うな丼」「うな重」テイクアウトを食べ比べ
 土用の丑の日を前にスーパーや飲食店でも「うな重」や「うな丼」をアピールするところが増えてきた。たまの贅沢として購入しようと思っている人も多いかもしれないが、なにせ高い。ここでは、お手ごろ価格の牛丼チェーンに注目し、ちょっと高め(それでも専門店よりお得)な商品を食べ比べてみた。ピックアップしたのは吉野家、すき家、松屋の3チェーン店で、どれもテイクアウトを行った。

 まずは松屋。うなぎメニューとして用意されているのは「うな丼」850円、「うな丼ダブル」(1390円)、「うなぎコンボ牛めし」(990円)(みそ汁、ミニお新香、山椒小袋付き)、「うなとろ牛皿御膳」(1,100円) (みそ汁、ミニお新香、とろろ、半熟玉子、牛小鉢、山椒小袋付き)、「うなとろ牛皿御膳ダブル」(1,640円 )(みそ汁、ミニお新香、とろろ、半熟玉子、牛小鉢、山椒小袋付き)。思わずどれにしようか奈炭でしまうラインナップだが、テイクアウトにみそ汁はつかないのは注意。今回筆者が注文したのは「うな丼ダブル」(1390円)だ。結論から言うと、3店舗のうち一番美味かったのがここ松屋だった。うなぎの肉厚とそのやわらかさがあり、なんというか……上品さを感じだ。また、筆者だけかもしれないが、うなぎは食べているうちに若干その味に飽きてくる瞬間がある。この場合にはお新香があると助かるのだが、同店のみテイクアウトにもお新香がついていてありがたかった。ただ、タレが別容器に入っており、自身でかけるという配慮がされていたのだが、タレの量はもう少し入っていてもよかった。





 次にすき家。同店では「うな丼」のほかに牛丼とのミックスのような「うな牛」を提供している。丼の上に乗せる具材のアレンジ力は3店舗のなかでも1番だと思うのだが、ノーマルなうな丼には並盛の「うな丼」(790円)とうなぎ2枚の特盛「特うな丼」(1280円)を用意、またうなぎにとろろをかけた「うなとろ丼」(890円)や半熟玉子をかけた「うなたま丼」(870円)もある。実はうな丼にとろろをかけるメニューは銀座の老舗専門店でも提供されており、新し商品ではない。濃い食べ味をまろやかにしてくれる魅力的なメニューだ。こちらも魅かれたが、今回は「特うな丼」にした。うなぎは非常に柔らかく美味しいが、ご飯の量が多すぎだ。特うな丼にしたせいかもしれないが、うなぎとご飯の量のバランスがいまひとつだった。満腹感を思いっきり味わいたい人にはいいかもしれない。





 最後は吉野家。同店で用意されているメニューは鰻重と鰻皿。それぞれ一枚盛、二枚盛、三枚盛とサイズの違いがある。今回注文したのは「鰻重(二枚盛)」(1096円/税別)だ。ここの商品が意見が分かれた。筆者はタレのしみ込み具合とご飯の量も丁度良いと思ったのだが、タレが濃いという意見もあった。



《RBB TODAY》

関連ニュース

page top