綾瀬はるか、セカチュー役できたら「仕事やめてもよかった」 | RBB TODAY

綾瀬はるか、セカチュー役できたら「仕事やめてもよかった」

エンタメ その他
綾瀬はるか【撮影:小宮山あきの】
  • 綾瀬はるか【撮影:小宮山あきの】
 綾瀬はるかが、17日放送の『ぴったんこカン・カンスペシャル』(TBS系)に出演。出世作である2004年の金曜ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』(同系)への思いを明かした。


 同作のヒロイン廣瀬亜紀役には700人の応募者が集まったという。その時「本(原作)を買ってたまたま持っていた」という綾瀬は、「初めて本当にやりたい!」と自ら演じてみたい役柄に巡り合ったとオーディションに参加。

 だがそのオーディションはかなり緊張してしまったようで、セリフが書かれてある紙で顔をすべて隠し、しかも紙を持つ手もブルブル震えていたという。結果は合格だったものの、のちにプロデューサーから、その時のオーディションの様子について「本当に最低だった」とあきれられたと回顧。

 この後、綾瀬主演の『セカチュー』の名場面がプレイバック。16年前、当時19歳の自分自身に綾瀬は「初々しい」「若いですね」と懐かしそう。そして、クライマックスの1つでもある空港でのシーンが流れると、「恥ずかしいですね」と赤面しながら、「もう、これができたら仕事やめてもいいと思って臨んでいましたね」と本音を吐露。

 VTR終わりも、綾瀬は「本当にこれができたら辞めようぐらい(だった)」「そこに全てを賭けるぐらい入り込んでいた」と振り返っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top