藤田ニコルはスタミナが無尽蔵?夜明けまで続く!? | RBB TODAY

藤田ニコルはスタミナが無尽蔵?夜明けまで続く!?

エンタメ その他
藤田ニコル【写真:竹内みちまろ】
  • 藤田ニコル【写真:竹内みちまろ】
 藤田ニコルが、3日放送の番組『有吉ジャポンII ジロジロ有吉』(TBS系)に出演。おヘソによって意外な一面が暴露された。


 この日、プロの漫画家のかたわら、1万人以上のおヘソを観察してきたという石川ヒロヂさんが登場。石川さんによればヘソの形は「丸」「縦長」「横長」「ぷっくり」と4つに分類されるそうで、また同じ縦長でも、1本線の「ぴっちり型」や、見た目が「アーモンド型」と種類が分かれるのだとか。

 さらに石川さんによれば、ヘソを見れば統計学的に性格も分かるということで、スタジオにいるニコルに、その場でおヘソを見せてもらうことに。だが彼女は「ヘソに自信がない。出ベソって言われていた」と振り返りながら、「今日見てみたら、出ベソじゃない」と告げながら“公開”。

 これを見た石川さんは「ぷっくりタイプの中でもドーナツ型という珍しいおヘソ」と鑑定。その上で彼は「相性バッチリの人とは異性・同性ともに長続き」と絶賛。また一方、「彼氏にしか見せない顔」として「夜明け前のトライアスロン女子」と形容した。この意味について石川さんは笑みをこぼしながら「スタミナが無尽蔵です。選手として優秀!夜明けまで試合が続きます」というと、ニコルも手を叩いて大笑い。

 さらに石川さんは「はじめは自分が小悪魔のように攻めて、途中から受けに回るという、多種目競技的なトライアスロンスタイル」と表現した。これに対しニコルは「全部正解です」と大いに納得。「何時でもできる」とも語った。すると、この日同じく出ていた、みちょぱはニコルの裏の一面をなぜか知っていたようで、「本当にそう。当たってる、当たってる」と驚いていた。

 そんなみちょぱのおヘソの形は「縦長でアーモンド」。その性格について石川さんは「他人も自分も信用しないリアリストタイプ」と評価していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top