GACKT、コロナ禍で動画ビジネス開始も悪戦苦闘!「ウチ、今三脚だらけ」 | RBB TODAY

GACKT、コロナ禍で動画ビジネス開始も悪戦苦闘!「ウチ、今三脚だらけ」

エンタメ その他
GACKT <撮影 竹内みちまろ>
  • GACKT <撮影 竹内みちまろ>
 GACKTが、18日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)にリモート出演。コロナ禍で動画ビジネスを始めたことを明かした。


 まずはオフィシャルYouTubeチャンネル「がくちゃん」。地下3階にある豪華なバスルームを公開したり、さらにバンドメンバーから寝起きドッキリを仕掛けられるなど新境地を開き、開始わずか半年で登録者数45万人を突破。

 さらにGACKTは日本語だけではなく英語や中国語、フランス語、韓国語という5か国語を操れる特技を生かし、YouTubeで英語塾を開講。また「ガクザップ」と名付けられたトレーニングをメインにしたチャンネルも開設しているという。

 ここで、スタジオゲストの本仮屋ユイカから「ご自分で三脚を立てたりするのか」と質問されると、GACKTは「やります」と即答。だが、慣れない動画配信に苦労しているようで、「照明がどれくらい必要なのかも分からない」のだとか。さらに「ウチ、今三脚だらけですよ」と苦笑い。三脚を買ったものの、そのネジ穴とビデオが合わず、いくつか買いそろえたようで、「ウチ、今三脚の数ヤバイ」と重ねて強調した。

 さらにGACKTはこの5月からビジネスパートナーと共に、海外居住者や海外移住希望者に向けての「オンラインサロン」をスタートさせたという。この詳細について彼は、「海外の不動産は誰でもその価値が分かる」と主張。海外でビジネスを行う人に対し、その情報をサロンで共有していくと語っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top