ジュノンボーイ坪根悠仁、朝ドラ「エール」で俳優デビュー | RBB TODAY

ジュノンボーイ坪根悠仁、朝ドラ「エール」で俳優デビュー

エンタメ 映画・ドラマ
ジュノンボーイ坪根悠仁、朝ドラ「エール」で俳優デビュー
  • ジュノンボーイ坪根悠仁、朝ドラ「エール」で俳優デビュー
  • ジュノンボーイ坪根悠仁、朝ドラ「エール」で俳優デビュー
  • ジュノンボーイ坪根悠仁、朝ドラ「エール」で俳優デビュー
  • ジュノンボーイ坪根悠仁、朝ドラ「エール」で俳優デビュー
 ジュノンボーイの坪根悠仁が、NHK連続テレビ小説「エール」で俳優デビューすることが発表された。


 坪根は、2018年の「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」で、フォトジェニック賞、明色美顔ボーイ賞をダブル受賞。約1年間にわたり演技のレッスンなどを積んだのちに「エール」のオーディションに挑戦し合格した。

 今回、坪根が演じるのは、主人公の作曲家(窪田正孝)が契約しているレコード会社のオーディションに参加する新人歌手という役柄。出演が決まると、「俳優デビューが朝ドラなんて!嬉しいし、驚いてます。親や祖母が毎日見ている作品でもあるのでプレッシャーもあります。」と様々な感情を抱きつつも、喜びの表情を浮かべた。

 デビューをSNSでファンに報告すると、「おめでとう!この日を待ってた!」「毎日見てるドラマだから更にうれしい」など喜びの声が多く寄せられた。

 さらに今後についても、「ジュノンボーイに合格してから役者になりたいと思って頑張ってきました。3枚目の役とかサイコパスな役でも考えに縛られず色々な役に挑戦したいです。」と俳優業に意欲的な姿勢をみせている。
《かいこま》

関連ニュース

特集

page top