純烈・酒井、グループ分裂危機報道「ネタではない」 | RBB TODAY

純烈・酒井、グループ分裂危機報道「ネタではない」

エンタメ その他
純烈【写真:竹内みちまろ】
  • 純烈【写真:竹内みちまろ】
  • 純烈(酒井一圭、白川裕二郎、後上翔太、小田井涼平)【撮影:小宮山あきの】
 純烈が、21日放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演。分裂危機報道について言及する一幕があった。


 新型コロナウイルスの影響で予定していた100以上のイベントが中止、延期となっている純烈。そんな中、リーダー酒井一圭が17日のスポーツ紙のインタビューに答え、「需要のないところでやってもどうにもならない」「純烈から分裂になる方が、コロナの今にあっているのかもしれない」と語り、話題を呼んだ。

 この日、スタジオに登場した酒井は改めて、先のインタビューの真意について「(純烈を分裂というのは)ネタではない」と説明。「僕の感覚では2年くらいステージはできない」と割り切り、改めて「なにかあったら、分裂して、一人ひとり。またくっ付いて歌うもいい」と今後について提言した。

 ここで他のメンバーがリモート出演。純烈は全員、役者経験があるが、小田井涼平も公演中止になってから俳優オファーを受け、実際に演じたという。「純烈のスケジュールが入っていたらできなかった」とし、「見方によってはポジティブ」とソロ活動に前向きな姿勢を見せた。一方、白川裕二郎は「芝居をやりたいというのはデビュー時からあるが、純烈あってこその自分たち」と、グループ活動再開への意欲を見せた。

 「スーパー銭湯アイドル」と言われている純烈。酒井はグループ活動を再開させる際は、健康センターの「無観客の大広間から始められればと思っている」と笑顔。さらに後上翔太も「(自分たちが)無人の客席をエア握手して回り、(ファンは)その臨場感をご自宅で味わってもらえれば」と展望を語っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top