櫻井翔、微熱おさまり番組リモート出演 コロナ感染の「不安はあった」 | RBB TODAY

櫻井翔、微熱おさまり番組リモート出演 コロナ感染の「不安はあった」

エンタメ その他
 櫻井翔が4日に放送された『教科書で学べない「ニッポンの超難問」』(日本テレビ系)に出演。4月27日にレギュラー出演する『news zero』(日本テレビ系)を微熱により欠席していたものの、同番組の一部生放送パートに登場し「元気です」とアピールした。

 『教科書で学べない~』シリーズの第4シリーズとなる本作。日本が直面する新型コロナウイルスの難問を解決していく。ゲストは、朝日奈央、木村佳乃、小峠英二(バイきんぐ)、関根勤、マリウス葉(Sexy Zone)ら。

 番組冒頭、生放送パートで池上彰と共に登場した櫻井。大事をとって、別スタジオからのリモート出演となった。体調について問われた櫻井は「ご心配をおかけしました」と一礼。27日の放送時、特に異変はなかったものの、検温すると微熱だったため外出を控える判断をしたという。

 自宅待機中の心情については「ただの微熱ではあったんですけども、頭のどこかでは“もしかしたら(コロナに感染したのでは?)”という不安はあったんですね。そういう意味では、無症状の方、軽傷の方、疑いがある方は、程度の問題にかかわらず、本人、ご家族、友人も、不安に感じてらっしゃるんだろうな、と痛感したところです」と回顧した。

 また「家からは一歩も出ませんでした」と自宅での過ごし方を述懐。「ずっとできなかった室外機の掃除をしました」と笑わせた後「あと、嵐のメンバー4人と、ビデオ会議で打ち合わせしたりなんかもしました」と振り返っていた。
《浜瀬将樹》

関連ニュース

特集

page top