『志村けんのだいじょうぶだぁ』がYouTubeで公式配信、田代まさしの登場に反響続々 | RBB TODAY

『志村けんのだいじょうぶだぁ』がYouTubeで公式配信、田代まさしの登場に反響続々

エンタメ その他
志村けん (c)Getty Images
  • 志村けん (c)Getty Images
 新型コロナウイルス肺炎のため3月29日に逝去した志村けんさんの所属事務所イザワオフィスが、志村さんの代表番組の一つ『志村けんのだいじょうぶだぁ』(フジテレビ系)を、同社のYouTubeチャンネルで公開し、話題を集めている。


 1987年~1996年までオンエアされた『志村けんのだいじょぶだぁ』。これについてイザワオフィスは18日、YouTubeチャンネルにて、動画全10本を順次公開すると発表。

 さらに同社によると、10本の動画のうち、#1を「広告のない動画」、#2~#10を「広告付き動画」として公開。本コンテンツで得られる収益のうち、必要最低限の経費を除いた全額を、日本赤十字社に寄付すると明かしている。

 18日朝7時に最初に投稿された#1は、パイのパイのパイ体操から、ウンジャラゲまで時間にして31分超。中でも同番組のレギュラーだった田代まさし被告の出演シーンが圧倒的に多く、志村さんとの絶妙な掛け合いが見ものだった「爺さん婆さん」や「博士と助手」、さらには「変なおじさん」に至るまで、懐かしの名場面が盛り込まれている。

 今回のイザワオフィスの英断にSNS上では「ありがとうイザワオフィスの方々」と感謝する声とともに、田代被告の姿に「こうやって公式で出してくれて本当にうれしいです。やはり、だいじょうぶだぁはマーシーなしでは語れません」「志村田代‥。黄金タッグだったよ」といったコメントも。

 またさらには、「志村が死んだ悲しみを志村が癒してくれる。すごいね」「高木ブーさんの仰った『志村は普通の人と違うんだ、死なないんだ』を実感してます。何時でも会いたい時に会いたい姿で会える。決して志村けんは死んでいません」など、日本が生んだ名コメディアンの偉大さに改めて感動するユーザーもいた。18日18時までに動画の再生回数は71万回を超えている。

《杉山実》

関連ニュース

特集

page top