鈴木保奈美、凄みを感じた女優は…宮沢りえ | RBB TODAY

鈴木保奈美、凄みを感じた女優は…宮沢りえ

エンタメ その他
鈴木保奈美(c)Getty Images
  • 鈴木保奈美(c)Getty Images
 鈴木保奈美が、15日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演。宮沢りえとの知られざるエピソードを語った。


 長瀬智也から「凄みを感じる同業者は?」と聞かれた鈴木は宮沢の名を挙げながら、2011年の大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』での共演経験を回顧。そこでは鈴木が母親役で、宮沢、水川あさみ、上野樹里という3人が娘役を演じたという。

 その劇中、戦いに巻き込まれて家族がバラバラになっていくというシーンがあったそうだが、鈴木は「コミュニケーションが取れて仲良くなっていないとできない芝居だった」と説明。

 すると宮沢がそのシーンの撮影前、「ご飯を食べに行ったり、お酒を飲んだりしようよ」と、鈴木たちを誘ってくれたという。しかも彼女は全員のスケジュールを合わせて店も決めてくれたのだとか。

 しかも鈴木によれば、宮沢は自ら、「とてもここでは言えない恋バナをしてくれた」そう。これにつられて鈴木らも「私はね……」と過去の恋愛話を語り始め、大盛り上がり。お互いの距離感がグッと縮まり、一気に打ち解けたという。

 そんな宮沢のコミュニケーションスキルに鈴木は「すごいなこの人は」と感心。肝心の芝居でも連帯感が生まれたそうで、そのシーンの撮影では全員リハーサルから泣いていたと振り返っていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top