月9ドラマ『SUITS/スーツ2』、2年ぶりの復活に喜びの声「そうそうこの感じ!」 | RBB TODAY

月9ドラマ『SUITS/スーツ2』、2年ぶりの復活に喜びの声「そうそうこの感じ!」

エンタメ 映画・ドラマ
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 織田裕二主演の月ドラマ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)の第1話が13日、30分拡大版で放送され、2年ぶりの復活に喜びの声が寄せられている。


 負け知らずの敏腕弁護士・甲斐正午(織田)が、経歴詐称の天才青年・鈴木大輔(Hey! Say! JUMP中島裕翔)とともに、手ごわい企業案件を解決していくリーガルドラマ。2018年10月にSeason1がオンエアされ、好評を得た。原作はアメリカ・USAネットワークで放映されている同名ドラマ。

(C)フジテレビ

 第1話。Season1でボストンに留学していた大輔を、甲斐が、代表の幸村チカ(鈴木保奈美)の許可を得ることなく日本に呼び戻す。そんな大輔の帰国後の初案件は、盗作問題。

 書店員・麻帆(玉城ティナ)が、ベストセラー作家・桜小路都(友近)の最新作に自分のアイデアが使われていると主張してきたのだという。麻帆の訴えの裏には、ある大きな狙いがあった……。

(C)フジテレビ

(C)フジテレビ

 一方、甲斐は、航空エンジニアリング「フューチャースカイ」社長・三津谷聡(反町隆史)から、新しく開発されたばかりの無人航空機制御システムを売却したいと依頼される。だが、その売却金額は100億円という法外なものだった。

 そんな折、「幸村・上杉法律事務所」の共同代表・上杉一志(吉田鋼太郎)が戻ってくるという話が。だが、かつて甲斐はチカと結託し、上杉を事務所から追放していた過去があった。

(C)フジテレビ

 オープニングで流れる日本版オリジナルのギターサウンド、登場人物たちのクセのある台詞回し、スタイリッシュな町並みを映すカメラワークなど、2年前と変わらないテイストの同作に、SNS上からは歓迎の声が巻き起こった。

 「久々のSUITS!そうそうこの感じ!甲斐先生達帰ってきてくれて嬉しい~! 」 「些細なやり取りでも帰ってきたって感じするなぁ、SUITSのこの感じ大好き!!おかえり!!」など待ち望んでいた視聴者も多数。さらに前作同様、中島の着こなすスーツ姿に「スーツ姿の裕翔永遠にかっこいい」と、ときめく者も。

 月9史上最多となる話数で、7月まで放送予定のSeason2。ただ先日、新型コロナウイルス感染の影響により、撮影が一時中断していると報じられた。これに対して「スーツ2、無事1話放送されて良かったけどあとどれ位できるんだろう…」「何話まで持ちこたえてくれるのか…」と不安がる意見も見られた。

 次回、甲斐とチカの手によって追放されていた事務所の共同代表・上杉(吉田)が復帰する。彼は全スタッフの前で、節操がなく強欲だったかつての行いを詫びて……。第2話は20日、15分拡大版で放送。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top