桜庭ななみ、英人気ドラマのリメイク作品で主演!13年間行方不明だった美少女役 | RBB TODAY

桜庭ななみ、英人気ドラマのリメイク作品で主演!13年間行方不明だった美少女役

エンタメ 映画・ドラマ
桜庭ななみ
  • 桜庭ななみ
  • 桜庭ななみ
  • 桜庭ななみ
  • 主人公・百合亜(桜庭ななみ)
  • 13 年ぶりに戻った自宅で、思わず手掴みでケーキを食べる百合亜(桜庭ななみ)
 東海テレビ・フジテレビ系にて、6月6日より新ドラマ『13(サーティーン)』の放送が開始される。


 同ドラマでは、イギリスでブームを巻き起こしたBBCの人気ドラマ『サーティーン/13 誘拐事件ファイル』をリメイク。不条理な現実と、連鎖する事件のはざまで揺れ動く人々の様子が描かれる。全4話で完結するスピーディさも新しい。主人公は、13歳から13年間行方不明となっていた少女・百合亜。彼女が突然家に戻ってきた時、止まっていた歯車が動き出す。彼女の帰還は、第二の悲劇の始まりだったのか?

 主演を務めるのは、桜庭ななみ。当初は監禁の被害者、美少女として注目された百合亜だったが、犯人の男と顔見知りであった可能性が浮上すると、一転、大人の男を誘惑した小悪魔であるとされ、世間から追及される。家族でさえ、13年間離れていた彼女の真実の姿を見失い、翻弄される。百合亜は小悪魔か、それともいたいけな被害者なのか?

 桜庭は今回の決定について「主演のオファーを久しぶりに頂き、とてもうれしかったです」と喜び。「百合亜は、13年ぶりの家族や周りの環境の変化に戸惑う一方で、『本当に事件の被害者であったのか?』と思われるような行動をとる女の子。最後の最後まで、本心を隠す百合亜を視聴者の皆さんに楽しんでいただけたらと思っています」と自身の役柄について語っているほか、「『過去は取り戻せなくても前に進むことはできる!』ということを教えてくれる作品だと思います。とにかくハラハラドキドキしながら、最後の結末まで楽しんでいただきたいです」と視聴者に呼びかけた。

 新ドラマ『13(サーティーン)』は、東海テレビ・フジテレビ系にて6月6日スタート。
《KT》

関連ニュース

page top