4月スタート『半沢直樹』続編で上戸彩の続投決定! | RBB TODAY

4月スタート『半沢直樹』続編で上戸彩の続投決定!

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
  • (C)TBS
 4月スタートの日曜劇場『半沢直樹』(TBS系)にて、主演・堺雅人に続き、上戸彩の出演が決定した。


 今作は、前作と同じく池井戸潤氏の『半沢直樹』シリーズから「ロスジェネの逆襲」と「銀翼のイカロス」(ダイヤモンド社/講談社文庫)が原作。すでに、主人公の半沢直樹を、前作に引き続き、堺雅人が演じることが発表されていた。

 同ドラマで前作から続投することが決まった上戸が演じるのは、半沢を献身的に支える、夫思いの妻・半沢花。時に優しく、時に厳しく夫を励ます存在で、かつ弁の立つ半沢が“唯一かなわない相手”でもあり、半沢に対して口うるさく言うこともあるが、その明るさは彼の救いにもなっていた。前作から今作までの間に2児の出産を経た上戸。彼女が見せる新たな表情にも注目だ。

 上戸は続投決定について「いよいよ『半沢直樹』の続編が始まりますが、まだ私は全然想像がついていないです」と語り、「色々忘れていることもあるのに気づきました。前作を観返して思い出したのは、当時監督から『とにかくテンションを高く!』と言われていたことです。今回も、とにかく監督をはじめ、スタッフに付いていくのみだと思っています」とコメント。

 さらに、「花にとっては夫婦のシーンが全てだと思って演じています。家の外で怖い顔をしているのも半沢だし、家の中では優しく『花ちゃん』と言って笑顔になってくれるのも半沢。堺さんが世界観を作って花の良さを引き立たせてくださるので、とにかく私は全力で演じたいと思います」と伝えた。

 日曜劇場『半沢直樹』(TBS系)は、4月スタート。
《KT》

関連ニュース

page top