新木優子、生田斗真&笑福亭鶴瓶から“独特のかわいらしさ”を絶賛され大照れ | RBB TODAY

新木優子、生田斗真&笑福亭鶴瓶から“独特のかわいらしさ”を絶賛され大照れ

エンタメ 映画・ドラマ
新木優子【写真:竹内みちまろ】
  • 新木優子【写真:竹内みちまろ】
  • 生田斗真【写真:竹内みちまろ】
  • 笑福亭鶴瓶【写真:竹内みちまろ】
  • 生田斗真、笑福亭鶴瓶、新木優子【写真:竹内みちまろ】
 テレビ東京開局55周年特別企画 スペシャルドラマ「アメリカに負けなかった男~バカヤロー総理 吉田茂~」(2月24日夜9時)の囲み取材が19日、都内にて開催され、出演の笑福亭鶴瓶、生田斗真、新木優子が出席した。

 同作は、連合国軍の占領下にある終戦直後の日本で、「日本は絶対に立ち直る」と信じ、強力なリーダーシップで日本の独立、復興のために突き進んだ吉田茂の熱きドラマを描く。鶴瓶が吉田茂を演じ、吉田の右腕・白洲次郎役を生田斗真が担当。新木優子は吉田の娘・麻生和子役。

 質疑応答では、お互いの印象についての質問が飛んだ。新木について、鶴瓶は、「(共演は)初めてなのですが、すごくやりやすかったです」と告げ、「顔を見ているだけでいいじゃないですか!ずっと」と笑顔で付け足した。

 一方、新木について、生田は、「“芯の強さ”みたいなものがあります。動じないといいますか。鶴瓶さんが『おつかれさま!』と言ってお帰りになるときに、(新木は)『おつかれっす~』みたいな。独特のかわいらしさみたいなものがありました」と現場での新木の様子を暴露。生田の言葉を受け、鶴瓶は「(そんな新木の振る舞いは)ぜんぜん嫌じゃないんです。家族みたいになっていましたね」と声を弾ませた。

 生田と鶴瓶からの絶賛に、新木は「いや、いや」と大照れの様子だったが、「現場では緊張感を感じることが多いのですが、入った瞬間から家族のように鶴瓶さんも迎え入れてくれました」と述懐。「鶴瓶さんは、後半は『パパ』を呼ばせて頂くことが当たり前になりつつあったというくらいです。それが嬉しいなと思います」とにっこり。鶴瓶が「終わってからも『パパ』と呼んでな」と声を掛けると、新木は「はい」と笑顔を弾けさせた。

 また、新木は、生田については、「生田さんは(役柄の)白洲次郎だったので。白洲次郎さんは、初めて日本人でデニムのジーンズを履いたということで有名な方だと思いますが、『本当に初めてジーンズを履かれたのでは』と思うくらい、すごくジーンズが似合っていました」と絶賛。新木の言葉を受け、鶴瓶は、「(ベスト)ジーニスト賞、もらったの?」と生田に質問。生田が「一度ももらったことない。後輩はみんなもらっているのですけど」とぼやくと、鶴瓶は「今年、もらえると思うよ」とニヤリ。生田は「ハードルを上げるのはやめてください」と悲鳴をあげ、一連のやりとりが笑いを誘った。
《竹内みちまろ》

関連ニュース

特集

page top