菅井友香の演技に共演者「成長がすごい」と太鼓判!……舞台「飛龍伝2020」 | RBB TODAY

菅井友香の演技に共演者「成長がすごい」と太鼓判!……舞台「飛龍伝2020」

エンタメ その他
菅井友香【撮影:こじへい】
  • 菅井友香【撮影:こじへい】
  • 菅井友香【撮影:こじへい】
  • 菅井友香【撮影:こじへい】
  • 菅井友香【撮影:こじへい】
  • 菅井友香【撮影:こじへい】
  • 菅井友香【撮影:こじへい】
  • 菅井友香【撮影:こじへい】
  • 菅井友香、石田明【撮影:こじへい】
 欅坂46キャプテンの菅井友香、NON STYLEの石田明、俳優の味方良介が29日、東京・新国立劇場で舞台「飛龍伝2020」の公開ゲネプロと囲み取材を行った。

 劇作家・つかこうへいの人気作として知られる「飛龍伝」は、初代の富田靖子に始まり、牧瀬里穂、石田ひかり、内田有紀、広末涼子、黒木メイサ、桐谷美玲と、これまで錚々たる女優たちが主人公・神林美智子を演じてきた。

 このほど、つかの没後10年という節目の年に上演される同作にて、8代目・美智子を演じる菅井。抜擢された時の心境を振り返り、「本当に信じられなくて。歴代の女優さんもそうですし、偉大なつかさんの作品で、2020年というこのタイミングで、しかも、つかさんが亡くなられて10年というタイミングで、こうして挑戦させていただけることを本当に誇りに思います」と胸を張り、「なので、つかさんの伝えたかったことをしっかりと舞台を通してお伝えできるように、精一杯頑張ります」と意気込みを語った。

 そんな座長を務める菅井に、石田は「成長がすごい」と太鼓判。「正直、最初はどうなることかと思ったんです。声がモスキート音というかね(笑)」としながら、「なのですが、今はすごい(声が)出ています。『飛行機通ったんかな?』みたいな(笑) それくらい声も出るようになったし、感情の振れ幅がどんどん広くなっていって。なので、公演が始まったらさらに良くなると思います」と期待をかけた。

 一方、味方も「神林美智子がいるなというのを見せてくれる素晴らしい女優さんになったなと。アイドルではなくきちんと女優として今、その舞台に立っている姿を見られて嬉しいです」と、菅井の成長を喜んでいた。

 なお、今回の舞台で女性キャストは菅井だけ。そのため菅井は「最初は結構、稽古場で皆さんが普通に着替えられるから、どこ見て良いかわからなくて……」と戸惑ったらしく、「どうしようと思っていたんですけど、それにも慣れて。今では、まだ始まってもいないんですけど、お別れが寂しいと思っています」とつぶやくと、石田からは「俺たちの裸と?(笑)」と冗談を飛ばされていた。

 記者会見の後には、公開ゲネプロが行われた。菅井はダンスあり、歌あり、キスシーンありの体当たりな演技を披露。時に感極まって涙を流すほどの熱演により、歴史ある名舞台の座長として、確かな存在感を示していた。

 舞台「飛龍伝2020」は1月30日から2月12日まで東京・新国立劇場 中ホール、2月22日から24日まで大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA TTホールで上演。
《こじへい》

関連ニュース

page top