安達祐実、マネージャーだった母から「あんた、死んだ魚の目してる」 | RBB TODAY

安達祐実、マネージャーだった母から「あんた、死んだ魚の目してる」

エンタメ その他
安達祐実(c)Getty Images
  • 安達祐実(c)Getty Images
 安達祐実が、26日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に出演。母から告げられた厳しい言葉の数々を明かした。


 2歳の頃から子役として活躍していた安達。幼い頃は母親がマネージャーとして支えてくれていたという。ただし母は「すごく厳しい人」と評し、挨拶といった人として基本的な礼儀はもちろん、「仕事をする人間として、お金もらってる時点でプロだからね」と、職業人としての覚悟を教えていたという。

 さらに母親からは「『熱があっても(現場に)行け』。『お金をもらってるんだから現場で倒れろ』『倒れるまでやれ』といったことも言われていた」のだとか。

 ピーク時から仕事が落ち着いていたきた頃、安達は「このまま消えていくんだ」と悩んでいたという。すると母親から「あんた、今、死んだ魚の目をしてる。そんな目したやつ誰も使いたくないから」と、辛らつな言葉をぶつけられたという。その時、安達は「自分が変わっていかないと、この先ないなと気付かせてもらった」と感謝していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top