広瀬すず、“1人カラオケ”じゃないと歌えない!きっかけは姉アリス | RBB TODAY

広瀬すず、“1人カラオケ”じゃないと歌えない!きっかけは姉アリス

エンタメ その他
広瀬すず【撮影:こじへい】
  • 広瀬すず【撮影:こじへい】
 広瀬すずが、21日放送の『火曜サプライズSP』(日本テレビ系)に出演。1人カラオケにハマっていることを明かした。


 この日、広瀬は、映画『ラストレター』で共演している主演の松たか子と、東京・麻布十番をぶら歩き。途中で立ち寄った「山芋専門店」で鍋をいただくことに。

 ここで次長課長・河本準一が、広瀬に「一人鍋はする?」と質問。すると彼女は「します、します」と答え、「どうしても食べたくなると、一人でスーパーに買い出しに出かける」のだとか。

 さらに河本から「ひとりカラオケはどうですか?」と尋ねられると、「ずっと行ってます」と返し、「逆に人とあまり行けないです。人の(歌う)番を待てない」とも。しかも「4~5時間ノンストップで(曲を入れ続ける)」と語り、周囲を驚かせた。

 さらに広瀬は「そのキッカケはお姉ちゃん」と語り、「何時間も1人で(曲を)入れていたのを見て、私までハマっちゃった」と説明。ちなみに歌う曲は『翼をください』『COSMOS』『HEIWAの鐘』といった「合唱曲」であることも告白。

 この話を聞いていた松は「1人カラオケ」には今まで挑戦したことはないとしながら、「歌いに行くなら1人はやってみたい」と興味を示していた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top