田中裕子、15年ぶりに主演映画『おらおらでひとりいぐも』! | RBB TODAY

田中裕子、15年ぶりに主演映画『おらおらでひとりいぐも』!

エンタメ 映画・ドラマ
(c) 2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
  • (c) 2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
  • (c) 2020 「おらおらでひとりいぐも」製作委員会
  • 原作「おらおらでひとりいぐも」若竹千佐子河出書房新社
 第158回芥川賞&第54回文藝賞をW受賞した、若竹千佐子のデビュー作『おらおらでひとりいぐも』の映画化が決定した。


 55歳で夫を亡くした後、息子のすすめで小説講座に通い始め、主婦業の傍ら同作を執筆、63歳の新人としてスポットを浴びた若竹。同作は、日本のみならず、いまや韓国、中国といったアジア圏をはじめ、ヨーロッパでも翻訳版の刊行が進むなど、世界的にも大きな共感と注目を集めている。

 主人公は、75歳でひとり暮らしをしている“桃子さん”。1964年、東京オリンピックのファンファーレに押し出されるように故郷を飛び出し、身ひとつで上京してから55年。夫・周造と出会い結婚し、主婦となり、2人の子供を育て、これから夫婦水入らずの平穏な日々を過ごそうと思った矢先、突然夫に先立たれ途方に暮れていた。ひとり家でお茶をすすり、図書館で借りた本を読みあさるうちに、歴史に関するノートを作り、万事に問いを立ててその意味を探求するようになる。晩年の“普通”の女性が描かれた、今までありそうでなかった物語。シニア世代のみならず、すべての世代の人から共感と感動を呼ぶ作品となっている。

 メガホンを取るのは、日本を代表する映画監督のひとり、沖田修一監督。原作に惚れ込んだ沖田監督が、自身で脚本も執筆した。さらに、現在の桃子さん(75歳)を演じるのは、15年ぶりの主演作となる田中裕子。また、蒼井優が“娘の時代”“妻の時代”(20~34歳)の桃子さんに決定した。田中と蒼井は今回が初共演。

 主演が決まった田中は「私も日々朽ちていくのでありますが、この歳になってこの作品に会えて、沖田監督にお会いできて、嬉しいです」と喜び。ほか、「監督の撮影中の一喜一憂される姿が目に焼き付いています。私のこれからの日々に監督のあの姿を思い出 してニヤニヤできる事が、私にとっての小さな春になりそうです」と、撮影中の様子などを語っている。

 一方の蒼井は「桃子さんの今に想いを馳せたり、娘、直美の言動に自分を重ね反省したりしながら撮影を進めていました」と語り、「1人の人生にスポットをあてた作品でありながら、壮大で奥行きのある、ユーモア溢れた作品になっていると思います。オファーをいただいた時から、早くこの作品を観たくてたまりません。田中裕子さんとご一緒させていただ くことも夢でしたので、世界中に自慢したいくらい幸せです」とコメントを寄せた。

 映画『おらおらでひとりいぐも』は、2020年公開予定となっている。
《KT》

関連ニュース

page top