氷川きよし、17年ぶり『バカ殿』出演決定!志村から「雰囲気が変わったね」との話題も | RBB TODAY

氷川きよし、17年ぶり『バカ殿』出演決定!志村から「雰囲気が変わったね」との話題も

エンタメ その他
(C)フジテレビ
  • (C)フジテレビ
 2020年1月8日放送の『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)で、ゲストに氷川きよしが17年ぶりに出演することが分かった。


 氷川は、2003年1月4日以来の出演。名曲「きよしのズンドコ節」を歌いながら殿の部屋に登場する。そして、その出で立ちは2020年夏、約2年ぶりに明治座に帰ってくる「氷川きよし特別公演」内で披露するもの。氷川扮する恋之介の登場と歌声に、腰元たちは黄色い歓声を上げ、「きよし」コールが起きる。

 その後は、和気藹々とした雰囲気の中、酒を酌み交わすバカ殿(志村)と氷川。「最近、ちょっと雰囲気が変わったね」(バカ殿)との問いかけに対し、「新しく自分を表現したいなと思いまして」(氷川)といったやり取りも展開される。さらに、話題となっている氷川の「ボヘミアン・ラプソディ」(Queen)歌唱にも話が及ぶ。

 番組には他にも、柄本明、丘みどり、マツコ・デラックス、島崎和歌子、小島瑠璃子、サンドウィッチマンらも登場する。『志村けんのバカ殿様』(フジテレビ系)は、2020年1月8日19時から放送。
《KT》

関連ニュース

page top