明石家さんま、王林の“天然”攻撃に完敗「今年中に芸能界やめます」 | RBB TODAY

明石家さんま、王林の“天然”攻撃に完敗「今年中に芸能界やめます」

エンタメ その他
明石家さんま【編集部】
  • 明石家さんま【編集部】
 明石家さんまが、24日放送の『超踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、りんご娘・王林に完敗宣言をする一幕があった。


 この日は、丸山桂里奈や滝沢カレン、さらには王林など番組おなじみのタレントによる過去の発言をプレイバック。その中で王林は「主語述語」を「主語じゅちゅご」と間違えたまま覚えていたり、「私たちにとって難しいと言われている映画を観た」と前置きしながら、それが『君の名は。』であると明かし、さんまから「簡単や!」とツッコミを受けていた。

 さんまはさらに、王林が『君の名は。』を鑑賞した際、本放送で披露していたエピソードを振り返り、彼女が知らないおじさんの横に座り、そのおじさんのポップコーンを食べていたと説明。

 だが王林は「やっぱり映画にはポップコーンがつきものですから」と正当性をなぜか主張。バイきんぐ小峠英二から「早い話 盗み食いだろ?」と追及されるも「違います」とキッパリ。どうして食べたのか聞かれると、「そこにあったからです」と、名言ふうに回答した。

 さんまが、「青森はどうなってんの?そんなん、ざらなの?」と、彼女の地元である青森ではよくあることなのか質問。だが王林はそれをファッションブランドと聞き違えて「ZARAはないです、青森には」と答えた。

 小峠は「そんな急にZARAの話、すると思うか?」と責め立てるも、さんまは半ば呆れ気味に「俺……今年中にもう、芸能界辞めます」とポツリ。SHELLYから「辞めないで!」と、慰留されるも、王林、さらには滝沢や丸山を見ながら「こんなんずっと相手して行かなアカンねんで」と、諦めていた。
《杉山実》

関連ニュース

特集

page top