綾瀬はるか、「ぎぼむすSP」で久々に亜希子演じ緊張感!「久しぶりにスーツを着て……」 | RBB TODAY

綾瀬はるか、「ぎぼむすSP」で久々に亜希子演じ緊張感!「久しぶりにスーツを着て……」

エンタメ 映画・ドラマ
綾瀬はるか【撮影:こじへい】
  • 綾瀬はるか【撮影:こじへい】
  • 上白石萌歌【撮影:こじへい】
  • 竹野内豊【撮影:こじへい】
  • 佐藤健【撮影:こじへい】
  • 井之脇海【撮影:こじへい】
  • 綾瀬はるか【撮影:こじへい】
  • 竹野内豊【撮影:こじへい】
  • 綾瀬はるか、上白石萌歌、竹野内豊、佐藤健、井之脇海【撮影:こじへい】
 2020年1月2日にTBS系ドラマ「義母と娘のブルース」のスペシャルが放送される。それに先駆けてこのほど、メインキャストを務める女優の綾瀬はるか、上白石萌歌、俳優の竹野内豊、佐藤健、井之脇海が都内で制作発表会に出席した。

 2018年7月クールに放送された同作は、綾瀬演じる生真面目なキャリアウーマン・宮本亜希子が8歳の娘を持つ男性に突然プロポーズされて結婚し、畑違いの家事やママ友の世界に足を踏み入れ、娘の母親になろうと懸命に奔走する10年を描いた物語。今回のスペシャルでは、連続ドラマ最終話から1年後のストーリーが描かれている。

 綾瀬は「私自身すごく大好きなドラマだったので、またこうやって帰って来ることができてとてもうれしいです」と笑顔に。続けて、しばらくのブランクを経て亜希子を演じたことについては、「久しぶりにスーツを着て、ハイヒールでツカツカツカって歩くシーンを撮った時に、思っている以上に亜希子さんは動作が機敏で。普段割とゆったり歩いている自分からすると、緊張感がすごいありましたね」と振り返った。

 なお今作では、謎のベールに包まれた赤ちゃんが物語のカギを握っている。作中で、その赤ちゃんをきっかけに窮地に陥るパン屋の店主・麦田を演じる佐藤は、撮影時を回想して「僕自身も窮地に立たされました。芝居的な意味で」と一言。「麦田が赤ちゃんをあやして笑わせるというシーンを求められたんですけど、まぁ、泣き止まないんですよ。でも、綾瀬さんには最初から割と懐いていて。『何が違うんだろう……?』と思って、現場では毎日へこんで帰っていました」と冗談交じりに語った。

 佐藤によると、赤ちゃんを泣き止ませるべく撮影現場では試行錯誤が繰り返されたらしく、その結果「YouTubeで反町(隆史)さんの『POISON』を流すと、たちまち泣き止むという結論に至りました。だから本番中、ずっと『POISON』を流しっぱなしにしていたんですよ」と述懐。綾瀬も「思い出すと、やっぱり、『POISON』という感じになります(笑)」と、撮影時の思い出が『POISON』で埋め尽くされたことをうかがわせた。

 「義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル」は2020年1月2日、TBS系列にて21時より放送予定。
《こじへい》

関連ニュース

page top