片寄涼太、TBSドラマ初出演!伊藤英明に反発する研修医役に | RBB TODAY

片寄涼太、TBSドラマ初出演!伊藤英明に反発する研修医役に

エンタメ 映画・ドラマ
(C)TBS
  • (C)TBS
 2020年1月スタートの金曜ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系)より、片寄涼太の出演が発表された。


 同ドラマは、『ビッグコミック増刊号』で現在も連載中の同名漫画が原作。僧侶でありながら救命救急医でもある異色の主人公・松本照円(伊藤英明)の奮闘を通して、「生きることとは、そして死ぬとは何か」を問う一話完結形式の医療ヒューマンドラマとなっている。

 新たに出演が決まった片寄は、主人公・松本と考え方や行動が全く真逆なため何かと反発するサトリ世代の研修医・田中玲一役を演じる。片寄は、今作がTBSドラマ初出演。さらに、動画配信サービス「Paravi」で、片寄が主演を務める Paravi オリジナルのストーリー(タイトル未定)が、独占配信されることも決定。特別版ドラマでは、本編では描き切れない患者や家族のその後のエピソードなどが描かれる予定。

 片寄は同ドラマ出演について、「初めての医療ドラマへの出演で、錚々たるキャストの皆さまとご一緒させていただけるということで良い緊張感と期待感を抱いています」と喜び。「田中の姿は、さまざまな方が変化や成長する過程で感じるものと重なる部分があると思っています。田中自身の成長が多くの方の共感を得られるように、心を込めて演じていけたらと思っています」と呼びかけている。ドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系)は、2020年1月スタート。
《KT》

関連ニュース

page top